So-net無料ブログ作成
検索選択

札幌にて「札幌市時計台」と メッセージ ”Haste not & Rest more" [旅ルポ]

2017年4月11日(火)札幌、2日目。
通りがかりに立ち寄ったところは、こちら。

image-20170413103549.png
札幌市時計台(CLOCK TOWER)」
国指定重要文化財「旧札幌農学校演武場」です。
この日は、まだ雪が残っていました。
image-20170413103602.png

前に来た時は、外から写真を撮っただけだったのですが…。
image-20170413103721.png
「観覧案内」
image-20170413103653.png
中に入れるのですね?入ってみよう!

1階は、いろいろな展示があります。
くわしくは、こちらで。

小展示室(農学校講義室)
①時計資料コーナー
②北海道、札幌の文化財
③時計台ミニ百科検索

大展示室(農学校博物標本室)
①農学校の歴史、演武場の建設とクラーク博士
②農学校遊戯会
③時計台の歌と文学
④建物の歴史、修理の様子
⑤札幌市民と時計台

こんな展示もありました。
image-20170413103943.png
昭和初期にアメリカから送られた「青い目のお人形」のお話。
image-20170413103956.png
日本から送られたのは、このような人形だったそうです。

2階は、ホール(農学校演武場)
image-20170413103748.png
反対側から見ると、
image-20170413103801.png

明治32年、農学校卒業生に初めて博士号が授与され、
祝賀会が行われた時の講堂の様子を復元しているそうです。
平成10年修復工事完了後、時計台により一層愛着を感じてもらう目的で
音楽会、講演会、結婚式などに貸し出しをしているのだとか。
天井の高い木造の建物は、音響効果がよく、
かつ雰囲気がよいと好評なんですって。

他には、
①塔時計の大型映像
②実物の兄弟時計
③建築構法の説明

時計塔の仕組みです。
image-20170413103817.png
稼働している国内最古の塔時計だそうです。
鳩時計と同様な振り子時計で、
時計を動かす重りに使われているのは、
木箱に詰められた小石で、豊平川の河原から採取したものだそうです。
運針ように50kg、打鐘用に150kg、
重りの巻き上げは、週に2回行われるそうです。

時計機械は、アメリカ合衆国ボストン市のハワード社製で、
製造No.738と印されています。

実物の兄弟時計も展示されています。
image-20170413103829.png
時計の文字盤です。
image-20170413103843.png
機械の部分。
image-20170413103904.png
親子2代にわたって、時計の整備をがんばった
井上清さん、和雄さんを紹介する記事です。

この書は、旧五千円紙幣の肖像画でおなじみ「新渡戸稲造」氏のもの。
image-20170413103917.png
”Haste not & Rest more"
急がないで、もっと休め!
教え子の森本厚吉氏に宛てて書かれているもので、
森本氏の働き過ぎに対して、彼の家族の代わりに、
「もっと休め」と、語っています。

これにはその前のお話があって、
ゲーテの言葉で、カーライルが引用し、新渡戸氏があちこちで揮毫したという
「Haste not & Rest not.(急がず、休まず)」
という書があって、働き過ぎの森本氏に対し前書をもじって、
「Haste not & Rest more.(急がないで、もっと休め)」
と呼びかけたのだそうです。
くわしくは、こちらで。

「札幌市時計台」は、
建物といい、時計の機械といい、素晴らしいものでした。
しおりの歴史年表を読むと、
明治2年(1869)に明治政府内に開拓使が設置され、
明治9年(1876)にクラーク博士が来札。「札幌農学校」開校。
翌年に博士は去り、「Boys, Be ambitious」の言葉を残します。
明治11年(1878)演武場が完成。
その後演武場は、時代のニーズに応じて、
仮庁舎になったり、公会堂、郵便局、
北海道教育会の事務所、附属図書館、集会場、
市立札幌図書館、札幌歴史館と用途を代え、
そして今なお「時計台」として、存在しています。
昭和45年(2009)
「北海道開拓初期の貴重な洋風建築遺産」として、
塔時計も合わせて国の重要文化財に指定されました。

こちらは、ぱらぽんが大好きな札幌のお菓子です。
image-20170414093320.png
札幌菓子處 菓か舎」の「札幌タイムズスクエア」。
このパッケージは、「時計台」ですね、きっと。
右が「AZUKI」左が「宇治抹茶・北海道小豆」です。
image-20170414093327.png
春バージョンでストロベリーもあります。

帰り道で、「北大植物園」の塀越しに見つけました。
image-20170413104018.png
ふきのとうの群生です。
北国の春も、もうすぐそこです!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0