So-net無料ブログ作成

新茶の煙、薫る頃に…。 [ごあいさつ]

2017年4月30日(日)に、その方は天に召されました。

その方というのは、株式会社一言の会長・一言正廣さん。
長年、藤枝市の、そして静岡県の茶業に貢献されて来た方。
お茶で町おこしをしたいという申し出に、協力を惜しまず応援。

2016-11-08T14-16-23-844ad.png
毎月、自社前の売り出しで、全国から美味しいお菓子を取り寄せて、
お茶と一緒に販売。皆さんに喜ばれていました。


お茶の香ロード」は、正廣さんの力なくしては、できませんでした。

国民文化祭の時は、「お茶の香ウオーク」と呼びました。

多くの方が、様々な活動の発表に使わせてもらったことがある
「ひとことカフェ」

「お茶の香ロード」が県の観光大賞の奨励賞いただき、
表彰式に行った時や、その後市長を表敬訪問した時
今となってはいい思い出です。

桜の開花が遅れて、お茶の芽も心配されていましたが、
まだちょっと最盛期にはまだ早い。そんな時期に旅立たれ、
八十八夜の今夜、お通夜をなさるとは…。
正廣さんらしいなあと思いました。
告別式は、少し時間をおいて15日になさるとか。
この2週間、お茶のことしっかりやるようにと、
見守っていてくださる気がします。

会社に伺うと、美味しいお茶を淹れてくださり、
新しく考えていることのアイディアを話してくださったり、しました。

昨年のおんぱくでは、ご長男の和正さんにお世話になり、
「ひとことカフェ」にて、闘茶体験をさせてもらいました。

ご自分に負担があったとしても、
「それでみんなが喜んでくれるのなら、それでいいよ」
といつも泰然自若とされていました。
お茶問屋の旦那衆の風格がありました。

藤枝でのまちづくり活動の多くのことを
そこで学ばせていただきました。
大変お世話になりました。
感謝申し上げます。

正廣さん、ご冥福をお祈りいたします。
どうぞ、安らかに、お休みください。
ありがとうございました。






nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

下新庄3丁目

敗戦直後のプロ野球に「一言多十」という投手がいました。六合出身の由、ということは、いまでも焼津・藤枝・島田・金谷あたりには「一言」という苗字の人が少なからず居住しているわけでしょうか。
by 下新庄3丁目 (2017-05-17 01:03) 

ぱらぽん

確かにいらっしゃいます。私が存じ上げているのは、皆さんお茶屋さんです。
島田市 カネイ一言製茶株式会社 さん
(こちらは、お店構えとお名前しか知らないのですが。)

藤枝市 株式会社一言 さん
    丸藤一言商店 さん
(こちらの2軒は、知り合いです。)


by ぱらぽん (2017-05-17 01:19) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0