So-net無料ブログ作成

2017.0513 「保健委員全員研修会」に参加できました。 [藤枝市保健委員会]

2017年5月13日(土)13:00〜
「藤枝市民会館」にて行われたのは、
image-20170514230325.png
「保健委員全員研修会」です。


この日、ぱらぽんは、「藤枝おんぱく2017」のとあるプログラムの
裏方スタッフとして、お手伝いすることが決まっていたので、
後から開催がわかった「保健委員全員研修会」には参加できないはずでしたが、
あいにくの雨で、プログラムの中止が決まったので、予定変更!
「保健委員全員研修会」に参加することができました。
(*この記事は、主催者の許可を得て、撮影記録公開しています。)

こちらが受付です。
image-20170514230427.png
各地区ごとに設けられています。

こちらが、藤枝市民会館の座席案内。
image-20170514230441.png
この日の会合は「全員研究会」となっているのですが、
実際の保健委員は1000人弱いるようで、
この会場は700席あまりなので、全員は入りきりません。
なのでこの日は基本的に、保健委員1年目の初心者が来ることになっていました。
別の用事がある場合は「欠席もやむを得ない」と言われていましたが、
やはり行けるなら参加しておいたほうがいいですよね。

会場の様子です。
image-20170514230504.png
ほぼ満席。前の方の空席は、受付業務をしている
保健委員さんたちが座る座席のようです。

この日配られた資料です。
image-20170514230521.png

この日の式次第。
image-20170514230535.png

緞帳が上がり、いよいよ始まります。
image-20170514230556.png
ずいぶん盛大にやるんですね〜。
image-20170514230614.png

最初は、「感謝状贈呈」です。
image-20170514230704.png
長年保健委員の活動に従事された方々に、
北村藤枝市長から感謝状が贈呈されます。
image-20170514230727.png
8人の保健委員と5人の女性保健委員(3人は欠席)の皆様です。

続いて今年度の委員の皆さんへ、委嘱状が交付されました。
image-20170514230753.png
「保健委員連絡協議会」会長&副会長が代表して受け取りました。
任期は2年、合計944名だそうです。
自治会によっては、1年で交代するところもあるようです。
ちなみにぱらぽんの組では、2年任期です。

続いて、市長の挨拶です。
image-20170514230816.png
「藤まつり」が行われた期間中の「蓮華寺池公園」の来場者数は、
約22万人だったとか。
今年のお茶、例年より遅れているが、その分品質がいいそうです。
藤枝市の「保健委員」制度は、自治体単位で行われている。
健康づくりの施策の強みがある。
「その内容を聞きたい」と、全国から視察希望が増えている。
知識を高めて、地域に広げてほしい。

「藤枝市保健委員連絡協議会」会長 鈴木 英吾さん、挨拶。
自分の健康、家族の健康、地域の健康を、
地域ぐるみで考えられるように!

役員紹介
各地区の代表が壇上に上がり、紹介されました。
image-20170514230855.png
瀬戸谷地区 支部委員長・地区長・副地区長
稲葉地区 支部委員長・地区長・副地区長
葉梨地区 支部委員長・地区長・副地区長
広畑地区 支部委員長・地区長・副地区長
西益津地区 支部委員長・地区長・副地区長
藤枝第1地区 支部委員長・地区長・副地区長
藤枝第2地区 支部委員長・地区長・副地区長
青島第1地区 支部委員長・地区長・副地区長
青島第2支部 支部委員長・地区長・副地区長
高洲支部 支部委員長・地区長・副地区長
大洲支部 支部委員長・地区長・副地区長
岡部支部 支部委員長・地区長・副地区長

スローガン唱和
皆さん、ご起立ください。
(会場にいる人も全員保健委員な訳ですから…。)
image-20170514230922.png
「自分の健康は自分で守ろう」
「健康づくりを地域ぐるみで進めよう」

藤枝市の保健委員の組織図です。
image-20170514230935.png

藤枝市健康企画課から、ご案内。
健康・予防日本一 ふじえだプロジェクトについて
支部保健委員会
支部健康度UP活動
などの紹介。

「ふじえだ健康マイレージチャレンジシート」
mileage.png

「元気ふじえだ 健康ウォーキング」の紹介。
2017年5月20日(土)受付8:30〜9:30
okabeji.jpg
3キロと10キロコースがあるそうです。
受付場所は、岡部総合案内所(藤枝市岡部町岡部29-1)
参加料:200円(中学生以下は無料)
参加資格:どなたでも(小学生以下は、保護者同伴)

続きまして、研修会の目玉の講演会です。
(*以下の記録の文章は、ぱらぽんがメモしたものを並べているものです。
  先生の講義の全てではないことをご了承ください。
  掲載許可をいただいて、公開しています。)

【講演】「つながりで健康づくり」
image-20170514231001.png
講師は、東京大学高齢社会総合研究機構 特任講師の
image-20170514231028.png
「村山洋史」先生 です。

地域で広げる保健委員活動

東日本大震災からの教訓:絆 が大事

内容
1.社会とのつながりと健康
2.保健委員活動との関係
3.まとめ

健康に最もよくない生活様式
社会とのつながりが少ない
喫煙
飲酒
肥満
健康の規定要因の階層構造

image-20170514231106.png
社会参加

人とつながる
自分が健康だと思う割合

肥満は伝染するのか?
友達 50%
友達の友達 20%
友達の友達の友達 10%
肥満、喫煙、飲酒、うつ、幸福感でも同様な傾向がある?

どうして、社会とのつながりが多いと、健康にいい影響があるのか?
家から出ることが、運動になる。
情報を得られやすい。
助けてもらいやすい。
認知機能が鍛えられる。
辛い時悲しい時の寄り添い(情緒的サポート)

image-20170514231147.png
ソーシャルキャピタルって何?
地域力、お互い様、つながり、ご近所力

仕えるとしたら誰?

信長 少し 5%
失敗したら、殺されそう

秀吉 ちらほら
楽しそう、アイディアマン

家康 ほとんど
温和な感じ、ストレスなく仕事ができそう?

震災、きづな
ご近所はお互いを信頼している?
静岡県はつながりが濃い

健康長寿
健康余命

お茶 みかん 地域のつながり 気質

image-20170514231203.png

どうして、地域のつながりが強いと
ソーシャルキャピタルを育めるようになるのか?

多世代を巻き込み地域の資源を活かせ!
活動の広がりが、人の関わりへ!
多様なメンバーがさらなるつながりに!

滋賀県彦根市での健康推進研究
食品摂取多様性スコアの変化
地域に対する意識の変化

image-20170514231229.png
社会とのつながりは健康に重要

image-20170514231259.png
地域のつながりが個人の健康に影響

地域での交流が生まれるには?
自然発生的な交流?
十分に計画された交流 → 戦術が必要
WinWinの関係

******************************

「藤枝市保健委員全員研修会」というものは、だいたいこんな感じでした。
このようなスタイルは全国的にも珍しい取り組みだそうです。
この会合に出席された方で、何かお気付きの方はご指摘ください。
修正加筆、承ります。

全体的には、このようにできれば理想的なのでしょうが、
少し気になったのは、少数派マイノリティのことです。
それは、障がいを持った方々をはじめとして、
みんなと同じようにすることができない人もいます。
そういう方たちのケアをどのようにするのか?
それらは、一保健委員がどうこうできるものではないでしょうが、
そういうケースの考え方、対処方法なども知りたいと思いました。
ただ、「保健委員」の担当課は、健康推進課なので、
上記のケースなどは、福祉政策課、自立支援課、介護福祉課など、
別の管轄になるのかもしれませんね。

いろいろな人がいて、変化があって面白い。
それぞれの特徴を活かして、楽しく暮らせるような世の中であって欲しいです。

とりあえずこの2年、保健委員活動を通して、
世の中のこと、藤枝市のこと、自分のことを勉強して、
いろいろなことを考えていけたらいいなあと思いました。
できましたら、またレポートをいたします。
あと、保健委員のあり方は、自治会・町内会によって差異があり、
個々にさまざまな取り決めがあろうかと思われます。
ですので、ぱらぽんがこのブログで書くことが、
藤枝市の保健委員の全てではないことをご了承ください。
念のため。

関係者の皆様、大変お疲れ様でした。
この後は、5月19日〜30日に渡って、
平成29年度「支部保健委員会」が行われます。
12の支部ごとに地区交流センターなどで、
委員の紹介・保健委員活動の進め方・事業計画などを
相談するようです。
ぱらぽんの地区は5月24日(水)夜です。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0