So-net無料ブログ作成

映画「ケア二ン 〜あなたでよかった〜」を観ました。 [映画館へ行こう!]

このところ気になっていた映画
「ケア二ン 〜あなたでよかった〜」を観ました。

keanin.jpg
全国の介護施設30ヶ所あまりを取材したというこの作品は、
全国のどこにも、誰にでも起こりうることを
新人の介護福祉士の青年の目を通して、
小規模型の介護施設で働き、利用者さんとのふれあいで、
学んでいくお話です。

ぱらぽんの父親も、晩年はグループホームのお世話になり、
アットホームな環境の中で、生活させていただき、
最後の看取りまでお世話になりました。

老いの問題は、誰にでも降りかかってくること。
多かれ少なかれ、いずれは自分の問題になること。
そんなことを考えながら、観ました。

その人がその人らしく、最後まで生きられること。
そのためには、家族ががんばるだけでなく、
ある程度他人に任せることも必要で、
その中で、家族として大事なところを理解して受け入れる。

過去のいろいろなできごとも、浮かんできたりしながら、
作品の中のできごとにも、心を痛めながら、
若者たちを応援していた。

残念ながら、ぱらぽんの場合、お世話することは、
ほとんど終わってしまったので、
これからは、自分の問題とどう向き合っていくのか?
その前に、もうひとがんばりしないとな、と思った。

映画「ケア二ン 〜あなたでよかった〜」
公式サイトは、こちら
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0