So-net無料ブログ作成

【藤枝おんぱく2018】No.21 藤枝宿の歴史パワースポットをめぐり、「ほととぎす漬」など藤枝宿名物を味わう [SACLABO&藤枝おんぱく]

2018年5月6日(日)【藤枝おんぱく2018】
ゴールデンウィーク最終日に行われるプログラムです。
No.21 藤枝宿の歴史パワースポットをめぐり、 「ほととぎす漬」など藤枝宿名物を味わう

集合場所は、こちら。
image-20180424225720.png
藤枝市藤枝の上伝馬商店街の一角にある「神明神社(しんめいじんじゃ)」です。

ここをスタートして、東海道53次、22番目の宿場「藤枝宿」。
このエリアに潜在する「パワースポット」を
地域情報紙「むるぶ」編集長の「小嶋良之」さんが、
そのディープなところをご紹介!

たとえば…、
【藤枝宿エリアには】
・いろいろなものの集積地があった!
・明治天皇が訪れた場所が、2ヶ所もある!
・伝説のスポットがある!
・いくつかの小説の舞台になっている!
聴いてみるとおもしろいお話が、その現場で聴けますよ。
「ほととぎす漬」のお話もその一つ!

2014年に行われた「梅安の歴史産歩」の様子は、こちらで。
今回は、小嶋さんチョイスの「パワースポット」を巡ります。
途中、何ヶ所か立ち寄るお店巡りも楽しみです。
おやつもお楽しみに!
後半は、しずてつジャストライン「中部国道線」を利用して、駅前に移動。
会場は「おもひで横丁 藤枝市場〜」に移動します。

案内人のおふたり。
image-20180425005605.png
「むるぶ」編集長の小嶋良之さん(写真:左)と
「おもひで横丁 藤枝市場〜」店長の寺川義則さん。

こちらでは、「ほととぎす漬」について、じっくり考察!
伝説のお話から、復活のエピソードまで、
「チームほととぎす」の活動もご紹介します。

大の大人が泣くほど辛い「ほととぎす漬」いったい、どのくらい辛いのか?
体で味わっていただきます。

image-20180424235110.png
「ほととぎすお茶漬けセット」(写真は、イメージです。)

ここで朗報です。
5月6日(日)は、連休最終日。
なので、連休にお出かけした人も、しなかった人も、
連休の最後を楽しく締めくくっていただこうと、
ご家族やお友達と一緒に参加してもらえるように、
お得なサービスを考えました。

このプログラムの参加費は、2,500円なのですが、
ご家族でも参加しやすいようにいたしました。

小学生は、1000円ぽっきり!
中高生は、500円引きで、2000円に!
大人は、エダバで使える「お食事券500円」付き。
*その日の解散後、エダバ「藤枝宿昼呑みプラン」で使えます。
 後日のお食事の時でも使えます。

小学生のお子さんのお食事は、お店のメニューから
おにぎり、唐揚げなど、注文することが可能です(会計別途)。

くわしくは、こちらへ。
お申し込みは、【藤枝おんぱく2018】公式Webサイトか、
[電話] 054-646-8877(担当:寺川)まで。
申込は、前日の5月5日(土・祝)まで受け付けます。

お申し込みお待ちしています。
nice!(0) 

nice! 0