So-net無料ブログ作成

映画「Like someone in Love」舞台挨拶付き上映会 第1回「ふじのくに映画祭2017」② [ふじのくに映画祭]

2017年2/4(土)15:00〜 「静岡シネ・ギャラリー」で行われたのは、
第1回「ふじのくに映画祭2017」イベントプログラムの2作目
映画「Like someone in Love」の舞台挨拶付き上映会でした。

image-20170209232525.png
こちらがその会場です。
普段、映画館内を撮影することはできにくいので、
ちょっと記録に撮っておきましょうか?
image-20170209232538.png
今回、ぱらぽんのチームが、この映画祭の記録係を頼まれているので、
舞台挨拶の模様を撮影させていただきました。
カメラマンは、岡村直人くんです。

まずは、イランの「アッバス・キアロスタミ」監督が作られた
映画「Like someone in Love(ライク・サムワン・イン・ラブ)」が
上映されました。
この作品は、一部静岡市内でロケされた作品です。

上映終了後、トークしてくださるゲストが登場です。
IMG_1066.jpeg
司会進行は「静岡シネ・ギャラリー」の川口澄生さん。

ゲストのお一人目は「堀越謙三」さん。
IMG_1077.jpeg
プロデューサーで、ミニシアターのパイオニア「ユーロスペース
の代表をされています。

もうお一方は、イラン出身の「ショーレ・ゴルパリアン」さん。
IMG_1140.jpeg
イラン映画や中近東映画の翻訳・紹介をされています。
この作品では、通訳や運転手をなさってサポートされたそうです。

IMG_1083.jpeg
この作品が、キアロスタミ監督の遺作となってしまったそうです。

監督は「いつか日本で映画を撮りたい」とおっしゃっていたそうですが、
IMG_1079.jpeg
堀越さんは、「ほんとは作りたくなかった(笑)」とおっしゃいます。

IMG_1125.jpeg
映画のロケーションをすると、背景としてその時代も映り込むから、
その人の国で撮らなくては、成功するのは難しい。
なので、外国で撮ることは反対していたけれど…、
実現までに10年かかった。
ベネチアや、カンヌで賞を取った後で、
デジタル時代の今に、誰がその作品を見るのだろうか。と。
IMG_1168.jpeg
それでも、監督が撮りたいと言ったら、
撮らせないわけにはいかないだろう。
釜山で会って、(堀越さんが)諦めて、それで作品を作った。

12・3年前、六本木の夜、バーのホステスさんのチラシを見て、
「これは何?」
IMG_1173.jpeg
ホステスさんの写真が電話ボックスに貼られているのを見て、
インスピレーション?
こういう映画が撮りたかった!?

作品の中に必要なものだったのが、駅前のロータリー。
IMG_1185.jpeg
この作品は、東京のお話なのだけれど、
お話の流れの中で、どうしてもロータリーが必要だった。
全国の色々なロータリーを探したのだけれど、なかなかない。
調べたらロータリーの同好会のような組織がある!?
そこで見つかったのが、静岡駅前のロータリー。
徳川家康の銅像があるけれど、それでも構わない。
IMG_1188.jpeg
撮影協力は、19:00〜。
何度も何度も撮り直すから、最後は夜中の3時だった。
後、撮影の仕方も日本とは違う。
いつもは素人も使うから、台本などなく、
その現場でセリフを決めて覚えて言わせる。
準備をきちんとする日本の役者さんにとっては、とてもやりづらいこと。
なので、加瀬亮さんは・・・。
IMG_1195.jpeg
本当に監督が、日本人が好きで、日本で撮影したいと思われた。
お二人を信用して、撮影なさった。
最後の映画が日本だったということが、誇りである、と。

映画を地域で撮影するということについて。
物語の舞台がどこでもいい時は、なるべくご当地色は出さずにできれば
普遍性が高まる。
そういう時、富士山が写っちゃうと特定されるから困る?
ご当地映画として成り立っているのは、寅さんくらい?
現在はロケーションが多様化している。
撮りたいものが撮れる。許可を得やすい?
エキストラはありがたい。
お弁当くらいで、参加してもらえるのはすごい。

お二人とも、貴重なお話をありがとうございました。
お話の全てを書ききれていなくてすみません。
とても刺激的で、楽しかったです。

「アッバス・キアロスタミ」監督作品「Like someone in Love」
作品の舞台は日本で、日本人の俳優さんたちが出ているのですが、
不思議な感じで進んでいくので、常に何か緊張があるような感じで、
この話はどうなってしまうのか?謎に包まれたまま進んでいき、
あれっ!ここで終わるの?という印象な作品でした。

そうそう、
ロケでは、ご飯が美味しいのがいいそうです。
日本ではロケ弁当が当たり前ですが、
外国では、温かい食べ物が毎日出てくる。
農家の仕出しなんかが出てきたら、
ロケ地に選びたくなるかも・・・、ですって!?

最後は皆さんで、記念撮影!
image-20170209232644.png
左から、日映株式会社の森岡功樹さん、堀越謙三さん、
ショーレ・ゴルパリアンさん、川口澄生さん。
森岡さんと川口さんは、「静岡県映画興行協会」の役員で、
「ふじのくに映画祭2017」実行委員でもあります。

ご登壇くださいました皆さま、ご来場の皆さま、
ありがとうございました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0