So-net無料ブログ作成

映画「百合子・ダスヴィダーニヤ」舞台挨拶付き上映会  第1回「ふじのくに映画祭2017」④ [ふじのくに映画祭]

2017年2/11(土)15:00〜「静岡東宝会館」で行われたのは、
第1回「ふじのくに映画祭2017」イベントプログラムの4作目
映画「百合子・ダスヴィダーニヤ」舞台挨拶付き上映会でした。

image-20170212230654.png
静岡県内の、浜松市・掛川市・島田市・静岡市・沼津市・
伊豆の国市・函南町・熱海市・伊東市でロケされました。


「浜野佐知」監督(左)と、
「フィルムサポート島田(以下、FC島田)」の「清水唯史」さん。
image-20170212225931.png
撮影時の写真が展示されていました。
image-20170212225945.png
パンフレットと台本。「清水」さんのお宝のようです。

作品上映後、ステージが用意されました。
image-20170212225959.png
テーブルとスツールが5つ。

この日の登壇者は、「浜野佐知」監督(写真右)と、
image-20170212230029.png
主人公のおひとり「湯浅芳子」を演じられた、女優の「菜葉菜(なはな)」さん。
この日は、関東では雪が降り、交通事情が悪い中を、
東名・新東名が通行止めもあったりで心配されましたが、
車で駆けつけてくださいました。
無事にご到着、本当に良かったです。

「 FC島田」の「清水唯史」さん。
image-20170212230055.png
「ロケサポート伊豆」の「土屋学」さん。
image-20170212230105.png
司会は、女優の「椿かおり」さん。
image-20170212230127.png

監督が、この映画の原作本である「沢部ひとみ」さんの
「百合子、ダスヴィダーニヤ」に出会ったのは、15年前だという。
企画から15年間、撮りたいと思いながら、ずっと撮れなかったのは
キャスティングに難航して、ずっと探していたにもかかわらず、
「湯浅芳子」に出会えなかったから…。
昨年は、「湯浅芳子」さんの生誕120年。
それが、「菜葉菜」さんに逢った時、
一目で、この人なら撮れると思ったそう。

「菜葉菜」さんは、「浜野監督」の情熱に驚き、
「私でいいのですか?」と思ったけれど、
本を読んで「私が演じないと、やだ!」と思うまでになった。

「清水唯史」さんは、オープニングで最初に登場する人物、
「郵便局員をやっているのは、私です」
声は「土屋学」さんなんですけれど…。
image-20170212230150.png
いい作品に巡り逢えました。
ロケ地の中部から西部地区を担当し、エキストラと作り上げました。
image-20170212230202.png
「土屋学」さんは、伊豆エリアを担当。記録の写真も。
image-20170212230229.png
今回、機会をもらってよかった。

この作品を撮った動機は…?
結婚が女の幸せと思い込まされていた、戦前のあの時代に、
「男が女を愛するように、女が女を愛する」
と公言して生きる「湯浅芳子」に、「浜野監督」自身が惹かれた。
愛した「中条百合子」とともに、女がどこまで高みに昇れるのか?
そういう女たちが日本にいた証を、今の女性たちに知ってもらいたい。
のちに「芳子」を裏切り、悪く言う「百合子」に対しても、
「芳子」は自分の胸一つに収めて、「百合子」を愛し続けた。
その「芳子」のことを、100年ののちに、
明るみに出して紹介してもいいことだと思った。
現在でこそ、LGBTなどと言うが、当時は大変難しかったと思う。
image-20170212230253.png
映画文化は、男の監督が作り上げたもので、
美しいだけの男にとって都合のいい女を使いたくなかった。
こういう役ができる20代の女優が、なかなかいなかった。
「菜葉菜」さんとの出会いで、ようやく実現した。
「菜葉菜」さんのお陰で、「芳子」の魂が喜んでいると思う。
「菜葉菜」さん「女優として、掛けられて嬉しい言葉です」

image-20170212230310.png
ロケ場所の選定は…?
映画は「湯浅芳子」と「中条百合子」二人の愛の物語であるのだが、
舞台は郡山のお話。
「浜野監督」が、小中高と暮らした、静岡で撮影できるかどうか?
「清水」さんが、掛川の菖蒲園「加茂荘」を探してきた。
明治村もロケハンしたが、テーマパークでは死んでいる家。
「加茂荘」は、築400年の庄屋の家で、まだ現役。
建物にパワーがある。力と命。
「芳子」と「百合子」が20代の何日かを暮らし、
お互いに高め合って成長させた日々に、ぴったりな建物だった。

image-20170212230325.png
大正時代は中途半端で、時代考証が難しかった。
ブロック塀や電柱、コンクリート、車などを隠すのが大変だった。
人力車が走る道も、加茂荘の塀の中の道、50mくらいを使い、
軽トラックの荷台にカメラを乗せて、追う。
映画マジック!
伊豆の国市でロケしたのは、「芳子」の家。
民宿の別館の玄関を、「芳子」の家の一階として撮影。
階段を上がった2階の「芳子」の書斎は、島田市博物館分館の2階。
場面はつなぐことはできてしまうのだが、
演じる役者さんたちが、感情をつなげていくのは大変。

「菜葉菜」さん
「衣装が昔の着物だったので、気持ちが入ってよかった」
「中条百合子」役の「一十三十一(ひとみとい)」さんは、歌手で演技は初めて。
「菜葉菜」さんの「芳子」が「一十三」さんの「百合子」を、
徐々に愛する気持ちが育っていき、愛おしくなった。
10月のロケ、加茂荘にはエネルギーがあって、
セットの中でやるのとは、全然違う。
生きてこそのエネルギー。

image-20170212230342.png
地元で映画を撮るということは、
その地域の映像を残してもらえるということ。
地元の人に誇りに思ってもらう。
1本の映画を作り上げるチーム。
何があっても、この作品を1歩でも2歩でもよくしたい。
互いに認め合って、どちらから見ても誇れるものにしたい。
やってよかったと思われたい。
そのための努力は、死に物狂いでも…。
監督の想いに応えたい。
自分の街を綺麗に撮ってもらえる。
遺せる幸せ。
エキストラの経験。家族と一緒に見てもらう。
コーディネートは初めてだった。
FCとは、その後も付き合っている。
「土屋」さん
「菜葉菜」さんの専属ドライバーだった。
仕事を辞めて、1ヶ月参加した。
奥さんに驚かれただろう。感謝している。

image-20170212230357.png
「清水」さん
「FC島田」は、商工会議所に属する組織で、経済効果が期待される。
映画に映ることによって、地元のためという気持ちが湧いてくる。

「菜葉菜」さん
久しぶりにお会いできてうれしい。
「土屋」さんには、毎日送り迎えしてもらった。
毎朝5時とか誰よりも早く、誰よりも遅く。
役として、実在した人物を演じるのは、初めてで、
プレッシャーもあり、責任を感じたが、
「浜野監督」は「思うようにやっていい」と言ってくださったので、
付いて行こうと思った。
「湯浅芳子」の中に、「百合子」を愛したもう一人の「芳子」がいる。
「芳子」の弱さ、もろさも出したい。
殴るシーンはスカッとした。
一人で抱えている苦悩を、私が表現しないと!
「大杉漣」さんが、「一十三十一」さんとのシーンがある日、
自分の出番はなかったのだけれど、気になってこっそり見た。
そしたら「蓮」さんが大はりきりで、それを見ていたら嫉妬でムカムカした。
「一十三十一」さんは、映画の現場は初めてで、
「今まで世界は自分のために回っている」と思っていたようで、
ちょっと「百合子」に似て、わがまま?だった。
だけどそれで、命のパワーと目力があって、よかった。
「吉行」さんと「大杉」さんは芸達者で、安心できた。
素敵な歯車が回っていた。

「土屋」さん
とてもいい思い出。人生の転機。

「清水」さん
加茂荘を提案できてよかった。
FCは、時代を映像の中に残す仕事だと思う。
エキストラとして、自分も遺す。
FCに登録してほしい。
オール静岡ロケをまたやりたい。

「菜葉菜」さん
また静岡に戻ってこれて嬉しい。
映画は残っていくものなので、沢山の人に見てもらい、
広めていただけたら。

「浜野監督」
2011の3月10日に完成して、翌日が東日本大震災。
原発の事故もあって、その後の1年はゴタゴタだった。
海外にも10ヶ所以上行ったが、
映画祭でもう一度、映画が生まれた場所で見てもらえてうれしい。
来年は、もっと大きくて明るいところでやりたい。
「浜野佐知映画祭」をやりたい。

ありがとうございました。

終了後、パンフレット&CDをお買い上げの方には、
ロビーにて、「浜野監督」と「菜葉菜」さんのサインをいただけることに。
image-20170212230414.png

この後、17:30~19:00、映画館のお隣の
「ワンデーショートブラック」というお店で、交流会を行います。
image-20170212230630.png

ケーキとドリンクのセットで、1000円です。
image-20170212230559.png

「浜野監督」の追っかけとも言えるファンの方がお見えでした。
image-20170212230525.png

「浜野佐知」監督の映画製作会社「旦々社」のサイトは、こちら

皆さま、ご参加ありがとうございました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0