So-net無料ブログ作成

一祥庵・蔵のコンサート「津軽三味線 福居八大と八大'豆(はちだいズ)」 [和食処一祥庵]

2017年6月25日(日)18:00〜
藤枝市岡部宿の「大旅籠柏屋」です。
image-20170625193811.png
この日の入り口は、こちらから。

会場は、その中庭に建つ、
image-20170625193824.png
「和食処 一祥庵」です。
image-20170625193836.png
この日、行われたのは、
image-20170625193851.png
「津軽三味線 福居八大と八大'豆(はちだいズ)」
image-20170625193902.png
この日のステージはこちら側。
image-20170625193915.png

受付を済ませたら、まずはお食事。
image-20170625193936.png
親方特製の「松花堂弁当」です。

ステージを横から見るとこんな感じです。
image-20170625193954.png

いよいよ始まりますよ。
image-20170625201444.png
八大さんのご挨拶。
そして、恒例の、「一祥庵」の女将さんのご挨拶。
image-20170625201500.png
うまくいきました!

今宵は、「津軽じょんがら節づくし」だそうです。
image-20170625201518.png
まずは、皆さんで。
image-20170625201539.png
「津軽じょんがら節」合奏曲です。
image-20170625201546.png
image-20170625201621.png
image-20170625201633.png

この日のゲストは、福居流の兄弟子「福居秀大」さん。
image-20170626095032.png
神奈川県から駆けつけてくださいました。
2016年11に焼津の「大富公民館」で行なわれた、
秋元会静岡支部発表会「津軽三味線・民謡・民舞の祭典」
にも参加されていましたね。

そして、「津軽じょんがら節 旧節」合奏です。

(撮影&掲載の許可をいただいています。)

「津軽あいや節」


続きましては、同じく「津軽あいや節」
image-20170626095047.png
歌姫「桑原節子」さんでお楽しみください。
演奏は、津軽三味線「福居秀大」さん、太鼓は「桑原あやこ」さん。


続いては、三味線を代えまして、
image-20170626095053.png
「よされ節」

疫病が流行った時に「悪い世よ、去れ!」で生まれたという「よされ節」。

お次は、急遽きまった演目です。
お客様でいらしていた「望月」さま。
image-20170626095100.png
八大さんのお父さまは、民謡日吉会の会主をなさっているのですが、
「望月」さまはそのお弟子さん。
この夜は、お客さんとしていらしていたのですが、
八大さん、たってのお願いで。ステージに上がってくださいました。
その歌声は、こちら。

「弥三郎節」
お見事でした。次回は、踊りを披露してくださるかも…!?

そして、お楽しみ「津軽じょんがら節」曲弾き競演です。

すごい迫力でした!

最後に、もう一度皆さんをご紹介。
「桑原節子」さん
image-20170626095112.png
唄、三味線、太鼓をなさいました。

「福居秀大」さん
image-20170626095118.png
津軽三味線を演奏なさいました。

「桑原あやこ」さん
image-20170626095131.png
太鼓と合の手をなさいました。

そして「福居八大」さん
image-20170626095126.png
津軽三味線、唄、尺八、司会進行をなさいました。

image-20170626095105.png
皆さん、素晴らしい演奏をありがとうございました。

ここで、アンコール!
突然、八大さんが
八大「ぱらぽんさん、40円貸してください!」
ぱ 「はい、大丈夫です。用意してありますよ!」
40円を何に使うかというと…、こちら。
image-20170626095136.png
糸を支える「駒」のその下に、10円玉を挟みます。
そうして演奏なさる曲は、土狸庵先生が大好きなこの曲!
image-20170626095142.png
「十三の砂山」です。
「十三(とさ)」は現在の青森県北津軽郡市浦村十三で、旧十三村。
かつては、北前船が寄港する湊町だったそうです。
「砂山の砂が全部米であったなら、ただで砂山の米を積んでやるのに…」
と、年貢米を取り立てられる側の苦しみを歌っているそう。
古くから歌われた盆唄だそうです。
かつて津軽三味線を演奏する人たちは、
家々の門付けして、演奏していたので、
連りの劣悪の環境の中では、三味線の皮や、弦(糸)が切れてしまう。
そのために、あえて弦を緩ませて演奏することによって、
楽器を守っていたそうです。
10円玉を挟むことによって、三味線の音が鈍く響いて、
当時の気候の厳しさ、生活の物悲しさが目に浮かぶようで、切なくなります。
そんな風景を思いながら、聴いてみてください。


福居秀大さん、福居八大さん、素晴らしかったです。
image-20170626095149.png
ありがとうございました。

八大さん、
image-20170626095041.png
来年も、どうぞよろしくお願いいたします。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0