So-net無料ブログ作成

2017.1013(金)しだグリOPENカレッジ特別講座「インスタグラム活用研修会」に参加してきました。 [しだグリopenカレッジ]

2017年10月13日(金)14:00〜 蓮華寺池公園内にある
「藤枝市郷土博物館・文学館」の学習室で行われたのは、
image-20171015080645.png
しだグリOPENカレッジ特別講座「インスタグラム活用研修会」でした。

案内状はこちら。
image-20171015082616.png
農山村の交流促進・情報拡散に、
SNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)が注目されています。
特に写真を主体にして、グラフィカルな情報の拡散性に優れた
インスタグラムは、注目の手法です。
今回は、通称「せとやコロッケの会(正式名称:瀬戸谷活性化協議会)」が
この夏行ったキャンペーンの取り組みを事例として、
インスタグラムの活用方法について学びます。

会場は、こんな感じ。
image-20171015080659.png
皆さんの期待感を感じます。

「しだグリOPENカレッジ」
まずは、教務主任の「志太榛原農林事務所 地域振興課」の
image-20171015080728.png
寺田さんが、ご挨拶。

続いて、校長先生の「志太榛原農林事務所 地域振興課長」の
image-20171015080740.png
永岡さんがご挨拶。

遠くから駆けつけてくださった方もいらして、
image-20171015080759.png
会場は、ほぼ満員。
image-20171015080810.png

まずは、「事例発表」!
 「インスタグラムで瀬戸谷のかき氷」実施報告について 
 発表者は、「藤枝市陶芸センター」館長の「 前田直紀」さんです。
image-20171015080842.png
まずは、「瀬戸谷地区」がここ数年やっている
「瀬戸谷の夏はかき氷とコロッケ」のキャンペーン。
2015年・2016年の様子は、こちら
image-20171015080859.png
今年は、一部入れ替わりもあって、合計7店舗参加しました。
image-20171015080929.png

大久保グラススキー場
瀬戸谷温泉ゆらく
レストランせとやっこ
藤枝市陶芸センター
森下菓子店
中里の庄・和
柿の木坂の家

それぞれ、どんなかき氷だったのか?
店名をクリックすると、レポートの記事に飛べます。

「藤枝市陶芸センター」では、露天商の免許を取得して臨みました。
image-20171015080942.png
地元の運営役員さんや、陶芸センタースタッフさんが
メニュー会議を開いて、検討しました。
image-20171015080953.png
期間は、7月15日〜8月31日まで。
「楽しいかき氷」を目指して、がんばりました。
その効果は十分あって、多くの方がインスタグラムで発信してくれました。
たとえば、こちら

お次は、講演です。
image-20171015081015.png
「インスタグラムのニーズとアカウント運用」
講師は、「するが企画観光局 企画開発部」の「鈴木杏佳」さん。
image-20171015081026.png
鈴木さんはインスタグラムの達人のようで、
その使い方等、インスタグラムの極意を教えてくださいました。
image-20171016183122.png
インスタグラムはビジュアルが命!
それから「#」ハッシュタグ!
image-20171016183136.png
インスタ映えする写真。どのようにして撮影するか?
鈴木さんが運用しているインスタグラム「suruga_traveler
image-20171016183159.png
「するとら suruga_traveler」とは、
静岡県中部(=するが)をエリアとする観光協会のオフィシャルアカウント。
ぷらっと出かけたくなる「するがの魅力」を発信しています。
「#するとら」を付けて投稿して、
あなたが好きな景色やグルメを教えてね!
とのこと。
映り込む手のネイルとかにも常に気をつけているとか!

写真の並べ方に注意!
image-20171016183226.png
手を写し込ませた写真が交互に並ぶように、考えて投稿する。
「トンマナ」を統一する。

「トンマナ」とは?
「トーン&マナー」の略で、 広告におけるデザインの一貫性を持たせること。
ブランドのイメージカラーとホームページのデザインカラーを合わせる必要があるなど、
「 トンマナ」は企業部 ブランディングにおいても重要です。
だ、そうな!

アカウントを作る前に世界観を考える。
image-20171016183236.png
テーマに沿った一貫性のある写真を投稿すると、
「この写真は、あのアカウントのだ!」
と認識してもらえるようになる。

するとら」は、中部の魅力を発信していくのだそうです。
image-20171016183311.png
専門用語というか、今風の略語で迷子になっちゃったところもありましたが、
何となくトレンドは分かりました。
鈴木さん、ありがとうございました。

続いては、同じく「するが企画観光局」アドバイザーの「片桐優」さん。
image-20171015081056.png
片桐さんは、前田館長が発表した「藤枝市陶芸センター」のかき氷について、
「楽しい」を追求したところがとてもいいと、大絶賛されていました。
image-20171015081106.png
そして、中部地区の観光スポットの認知率などを紹介。
image-20171016183340.png
「大井川鐵道」「三保の松原」「焼津港・焼津さかなセンター」
以外のものは、ほとんどが20%未満のもの。
全国的には、知られてないのも同じらしい。
広告・プロモーションよりも、パブリシティ。
露出し、話題になることが大事だと。
image-20171016183411.png
ブラタモリ」や別府の「湯〜園地」など。
image-20171016183428.png
ちょっと不真面目さや、ゆるさがある方がいいらしい。
やはり、楽しくなくっちゃね。
そういう意味でも、陶芸センターの事例はとてもよかったのだそう。

というわけで、来年も「かき氷」は話題になるらしいです。
image-20171016183442.png
皆さん、来年もがんばってくださいね。

最後は、「するが企画観光局」の
image-20171015081128.png
「杉本哲也」さんがご挨拶。

続いて、「川根本町」からインフォメーション!
image-20171015081203.png
#つながる川根茶 インスタグラムフォトコンテスト」のお知らせです。
image-20171015081212.png
「川根本町」の「土屋裕子」さんがお話ししてくれました。
image-20171015081137.png

続いて「丸紅」の「常泉」さんから、ご挨拶。
image-20171015081237.png

「瀬戸谷活性化協議会(せとやコロッケの会)」の小田会長からご挨拶。
image-20171015081255.png

「しだグリOPENカレッジ」の校訓は、こちら。
image-20171015081305.png

また、いろいろな勉強ができるといいですね。
ありがとうございました。

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。