So-net無料ブログ作成

和婚用「リングピロー」を作ってみました。 [ぱらぽん縫物屋]

2017年10月28日(土)
ちょっと珍しいものを作ってみました。

材料は、こちら。
image-20171028163314.png
立涌文様の紅の金襴と、丸に文様の白の金襴。
サイズは、縦15.5cm × 横13cm。紅を2枚、白を1枚。


白の4角を裏側に折り、中温のアイロンをかける。
image-20171028163320.png
生成りの糸でステッチする。

紅1枚の上に、白をのせる。
image-20171028163326.png
その上に紅を中表にのせて、縫い代から約1cmのところをミシンで縫う。
白の布があるところは縫うようにして、
紅い布の一ヶ所を縫いのこし、そこからひっくり返す。
image-20171028163332.png

紐結びのかざりを作る。
image-20171028163307.png
おめでたい中国の吉祥結びで、下に長く伸ばした紐には、
こま結びをひとつずつ。
このかざりを、白い布に縫い止める。

縫い残したところから、綿を詰める。
角までしっかり入るように気を付ける。

ひっくり返すとこんな感じ。
image-20171028163350.png
空いているところを縫いかがる。

できあがり。
image-20171028163339.png

桐の箱に入れる。
image-20171028163357.png
指輪は、下の紐のところに通す。
紐の向きは、末広がりに。
すでにお気づきの通り、和婚用のリングピローなのですが、
リングピローと言うよりは、「指輪箱」ですね。

真田紐を締める。
image-20171028163403.png

末永く、幸多かれと、祈ります。
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。