So-net無料ブログ作成

「静岡ゆかりの名刀」展 記念講演会「刀剣の日本史」を聴講しました。 [藤枝市郷土博物館・文学館]

2017年11月23日(木・祝)13:30〜
藤枝市郷土博物館・文学館の講座学習室にて行われたのは、

image-20171129000350.png
「静岡ゆかりの名刀」展 記念講演会「刀剣の日本史」です。

この日、この展示を盛り上げるために来館していた武将、
藤枝市出身の俳優「石上亮」さんと一緒に、
image-20171129000430.png
聴講できることになりました。

「静岡ゆかりの名刀」の図録とクリアファイルも販売されていました。
image-20171129000526.png
ちょっとPRをお手伝い。

記念講演会「刀剣の日本史」
image-20171129000502.png

甲冑姿の聴講生も珍しい。
image-20171129000638.png

まずは、学芸員の海野さんのご挨拶。
image-20171129000701.png

講師は、文学博士の「近藤好和」氏。
image-20171129002450.png
「弓矢と刀剣 中世合戦の実像』吉川弘文館・歴史文化ライブラリー(1997)
の著者で、中世武具論の第一人者。
刀剣の歴史や実際の戦闘における使用法と機能について
体系的に解説してくれます。

近藤先生は、パワポ等はお好みでないため、スクリーンはなし。
image-20171129002515.png
とてもパワフルな話し方で、マシンガントークでした。

日本では、法律で一般人の武器の所持が禁止されているので、
刀を所持するには、登録審査を受けなくてはいけません。
登録証は、都道府県の教育委員会によって交付されるもの。
登録審査会では、
・原料として、和鉄(砂鉄から)でできている。
・保存状態
・日本刀としての制作工程を経ているか?
などが審査され、美術工芸品として認められれば、
「登録証」が交付されます。
「登録証」は、公文書となります。
それに対し、「鑑定書」は、
刀の評価を表すもので、私文書となるそうです。

刀剣は、時代によって、形・大きさ・呼び方も変わってきます。
たくさんの刀剣の写真を写した資料で解説、
その違いを説明してくださいました。

image-20171129002551.png
「刀は武士の魂」と言われることがあるが、
あれは戦中に軍事教育として言われたもの。
基本的には、武器としての実用品だった。
武士は、殺人を行う人々だったはず。
現代は、刀剣いえば、美術品として評価されるものに。

image-20171129002414.png
模擬刀は登録の対象とはならないそうです。

とても勉強になりました。
刀剣の世界は、奥が深いです。
一度では覚えきれませんねえ。

近藤先生、ありがとうございました。
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。