So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

みちゆかしNo.7「これより岩村藩領!〜B級史跡めぐりと岩村藩名物〜」レポート [元気なまち藤枝]

2017年12月4日(月)9:30〜
藤枝市横内の「慈眼寺」さんに集合して行われたのは、
みちゆかしNo.7「これより岩村藩領!〜B級史跡めぐりと岩村藩名物〜」です。

image-20171209201955.png

こちらが、集合場所のお寺「慈眼寺(じげんじ)」さんです。
image-20171209202010.png

「西了山 慈眼寺」曹洞宗のお寺です。
image-20171209202024.png
山号の「西了山」について
普通お寺は、南側を向いて建てられることが多い。
「慈眼寺」は東海道に面して、西向きに建てられている。
本尊は「阿弥陀如来」ということで、
再訪極楽浄土に往生医し了る(おわる)ことを願ったものではないか。

こちらが、「慈眼寺」12代目の住職の「柴田英憲」さん。
image-20171209202045.png

まずは境内で、「横内」のお話を聴きます。
image-20171209202118.png
「横内村」は、1594年開かれた。
池田孫次郎(?)が朝比奈川の治水を行った。

慶應4(1868)年のの地図と、昭和21(1946)年の航空写真を見比べながら、
説明してくださいました。
image-20171209202137.png
江戸時代の横内村の領主は、
慶長8(1603)年 天領(幕府直轄地)
宝永2(1705)年 田中領
享保20(1735)年 岩村領
明治2(1869)年 版籍奉還
のように変遷した。

横内村が美濃国の岩村領となったのは、
享保20年に、岩村城主「松平乗賢」が幕府の要職である老中職となり、
所領を2万石から3万石に引き上げられたから。
その時、1万石加増分のうち5000石が、駿河の15ヶ村に
飛び領地として幕府から与えられた。
そのひとつが、横内村。
15ヶ所の飛び地のほぼ真ん中にあり、東海道沿い。
川の流れ、水運を利用できた。
「横内陣屋」としてまとめ役。

境内には「代官地蔵」が遺っています。
image-20171209202233.png
横内陣屋の3代目代官の「田中清太夫」首上をまつる。
岩村藩横内陣屋では、温情ある政策が行われ、
年貢の負担が軽減されていたようで、
領内では、一揆が一度も起きなかった。
・貸し付けによる資金援助
・病気予防の薬(耳かき一杯)を配布
・90歳以上の高齢者に長寿を祝って、米2俵与えた。
など。
明治になるとき、版籍奉還に際して、駿河15ヶ村は、
今まで通り岩村藩の城主のままにして欲しいという文書(訴状)が遺る。
(はんこはなかった)
慕われていたことが分かります。
皆さん、熱心にお話を聴いています。
image-20171209202251.png

代官たちのお墓が遺ります。
image-20171209202214.png
2代目と6代目、役人とその家族のものだそうです。

それでは、横内歴史散策と行きましょう。
image-20171209202639.png
これが、傍示杭「これより西、岩村領」
image-20171209202655.png
「横内歴史研究会」による看板。
image-20171209202718.png
「横内歴史案内」も掲示してありました。
image-20171209202746.png
来た人がもらって帰れるように、リーフレットも置いてありました。
image-20171209202804.png
こういうのいいですね!

「ここより」のポイントのところに立って、説明してくださいます。
image-20171209202821.png
image-20171209202839.png

この法被を着ている方々が「横内歴史研究会」の方々のようです。
image-20171209202907.png

このような杭もありました。
image-20171209203006.png
陣屋が置かれた場所は、今でも「陣屋小路」と呼ばれているそうです。
image-20171209203028.png

川の畔に神社もあります。
image-20171209203044.png
image-20171209203100.png

横の細道を上がっていくと、
image-20171209203113.png
「朝比奈川」沿いの道です。
image-20171209203132.png
「堂ノ前地蔵尊」疣取地蔵と川除地蔵。
image-20171209203145.png

こういう小路を歩いて行くのを見ると、
image-20171209203205.png
ロールプレイングゲームのようで、何だかうれしくなります。

このような杭もありました。
image-20171209203219.png

「とつか酒店」さん。
image-20171209203239.png
この屋号はなんと読むのでしょう?
image-20171209203308.png
岐阜県恵那市岩村町にある「岩村酒造」のお酒
「女城主」と「えなのほまれ」です。
戦国時代に織田信長の叔母が岩村城を守ったことに因んで、
女城主という銘柄が誕生したのだそうです。
岐阜「岩村酒造」のお酒が、横内で手に入りますよ。

「慈眼寺」に戻ってきました。
image-20171209203328.png
これから本堂にお参りし、またお話を聞きます。
image-20171209203352.png
まずは、皆さんで「般若心経」を唱えました。
image-20171209203422.png
そしてご焼香をしました。

「慈眼寺」さんにお祀りしている御尊像などを拝見します。
「抱地蔵尊」
image-20171209203738.png

「宗吾大明神」
image-20171209203503.png
「宗吾」というのは、江戸時代初期、千葉県佐倉の義民「宗吾(惣五郎)」のこと。
佐倉藩二百ヶ村の農民たちが高い年貢に苦しめられており、
いろいろと年貢を下げてもらう訴状を出し訴えるが、聞いてもらえず、
ついに意を決して、惣五郎が将軍へ直訴して、年貢は引き下げられたものの、
直訴は御法度破りの大罪なため、惣五郎と家族は刑に処された。
後に農民の味方「宗吾大明神」としてまつられるようになった。
歌舞伎や浪曲のモチーフにもなって、庶民にも慕われたそう。
こちらの額は、その場面を表したもの。
image-20171209203522.png
「佐倉宗五朗 故郷出立の図」だそうです。
image-20171209203534.png
どこかで聞いたことのある話だなあと思ったら、
そういえば、2007年に、藤枝市八幡の「日照山耕春院」本堂にて、
浪曲と講談を楽しむ会」があったのですが、
その時の演目のひとつが、「佐倉義民伝 妻子の別れ」。
語ってくれたのは「天中軒月子さん」。
岐阜県郡上八幡のご出身だというから、やはり繋がっているんですね。

それでは、なぜ、千葉の義民の「宗吾大明神」が、横内にあるのか?という疑問。
明治時代、輸出用の絹の生産が盛んで、養蚕は農家の貴重な現金収入源でしたが、
白髭神社のある村では、祭神猿田彦命(さるたひこのみこと)が、
桑の枝で片目を突いたという言い伝えがあるため、信心の厚い村では、
蚕の餌となる桑を栽培することを遠慮する風習があったそう。
そこで、横内の侠客「塚本角蔵」が農民の味方である
「宗吾大明神」を祀ることで桑の木の栽培が許されることを思いつき、
明治38(1905)年、千葉県佐倉の宗吾霊堂のある「東勝寺」まで出かけ、
尊霊を分けてもらってきたそう。
この方が「塚本角蔵」。
image-20171209203551.png
境内には、立派なお墓もあります。
image-20171209203707.png

本尊の「阿弥陀如来」
image-20171209203759.png
左の「阿弥陀如来座像」は、平安後期の作。
右の「阿弥陀如来立像」は、江戸中期の作。

最後は、「岩村藩」縁のスイーツをいただきます。
image-20171209203812.png
「岩村酒造」の「純米あま酒」と、
image-20171209203826.png
創業寛政8年「松浦軒本店」の「カステーラ」。
image-20171209203838.png
実はこの「カステーラ」岐阜県まで行かなくても、
新東名「藤枝PA」上りの売店で売っています。
なぜかというと、恵那市は藤枝市と姉妹都市ですし、
上りの「藤枝PA」のお店は、岐阜の会社が経営しているからです。


美味しいお菓子をいただきながら伺ったのは、さらなるお宝。
image-20171209203855.png
岩村藩出身の教育家・歌人で、女子教育の先覚者、
後に、実践女子学園を創設した「下田歌子」さんの書など。

いろいろ盛りだくさんで、長くなりました。
藤枝市内に、岩村藩の飛地があるという話は聞いたことがあったのですが、
それがどこなのか、どうしてなのか?分かってなかったので、
今回の「みちゆかし」で知ることができてよかったです。

さらに感慨深いお話。
今回のこのプログラムは、「藤枝おんぱく」「みちゆかし」ではおなじみ
「佐野石材」さんが「慈眼寺」さんをご紹介したそうです。
プログラムをすることになって、活躍されたのが「横内歴史研究会」の皆さん。
平成13年に行われた「東海道四〇〇年祭」の時に、
エントリー承認事業として、いろいろ整備されたようです。
その時の名残の看板などがあり、まちあるきを楽しくしてくれました。
今でも毎年、岐阜県恵那市岩村町に出かけて、交流なさっているそうです。

そして、こちら。
image-20171224122527.png
「藤枝市横内四百年史 慈眼寺住職 柴田芳憲」
目次の一部はこちら。
image-20171224122532.png
この本を書かれたのは、ご住職のお父様の「柴田芳憲」さん。
岡部町の「十輪寺」のご住職でした。
住職の英憲さんは、
今回準備にあたり、お父様が書かれた「藤枝市横内四百年史」を読まれて、
改めてすごい仕事をしたなあと、感心なさったそうです。
残念ながら、今年10月に亡くなられました。
うちの息子が中学の時、国語を習った先生でもあり、
剣道部の副顧問で、お世話になりました。
これも何かのご縁と感じて、「藤枝市横内四百年史」を
譲ってもらいました。
この本に興味のある方は、「慈眼寺」さんにお問い合わせしてみてください。

岐阜県恵那市には、日本三大山城といわれる「岩村城跡」があるそうです。
ちょっと訪ねてみたくなりました。
紹介サイト「城下町 ほっといわむら」は、こちら

image-20171209203908.png
写真は「慈眼寺」のガラス窓。家紋は「丸に八つ矢車」でしょうか?
ご住職、おもてなしをしてくださった奥様、檀家の皆さま、
横内歴史研究会の皆さま、ありがとうございました。
nice!(0)  コメント(8) 

nice! 0

コメント 8

村本勝信

コメント受付ていますか?
by 村本勝信 (2018-08-13 08:54) 

村本勝信

私説代官地蔵と蘿径記碑 大変素晴らしいお写真と記事拝見しました
藤枝の者ではありませんが、両方とも当方の祖先が関係している様です。昨日グーグルで送信するが反応なし、今朝アップルで送信何か通じる様な気がします。機会を見て送ります。
by 村本勝信 (2018-08-13 19:20) 

村本勝信

ごきげんぱらぽん3のブログ本当に良くまとめていますね。当方は第1回11月28日の方に参加しました。2年前まで先祖の事などあまり知りませんでした。 除籍の一番上に横内菊川傳蔵の名が有り、祖父が石工でしたので、多分横内の菊川石材と関係あるのではないか?
手紙を出しました所、家系図と墓碑の写真を頂きました。
それからはITの助けにより幕末の頃までは良く分かりました。
曽祖父の母が一人娘なので、本当は菊川の姓なのに村本と名乗って
おります。安永6年代官地蔵の写真を見た時、これは慈眼寺との距離的関係から菊川と関係あるのでは? と思い参加しました。
どうも当方より7代-8代前の者が作ったのではないか? その後の調べで菊川の姓は水守に集中している。 足軽という祖父から伝承もある。田中藩の足軽か?その関係も有り岩村藩のお世話になったのか?
文政の蘿径記碑と地蔵とは約50年の間隔があるが、名文名字の蘿径記碑の作者駿府代官羽倉簡堂(国定忠治を義賊化した人)も幕閣の腹の
さぐり合いで岩村の横内陣屋で聞かされた? よし俺も一石立て見ようかなと思った? 駿府の石屋でなく、横内の菊川の職人し幸右衛門が彫った様だ。店主は曽祖父の祖父菊川傳蔵の様です。この難解な
碑に天下の秀才羽倉と対するのは大変な事だったかも知れない。



by 村本勝信 (2018-08-14 20:18) 

ぱらぽん

村本さま、コメントに気付かなくてすみませんでした。
このところ、Facebookでのコメントの方が気が楽なのか?
ブログへのコメントをなさる方が減って、
代わりにたまにあるコメントは、
不思議なコメントばかりになったので、
設定を受け付けないモードにしておりました。
なのになぜか、村本さまの想いが通じたのか?届きました。

私は、歴史などには疎く、すぐに忘れてしまうので、
参加した時のメモを必死でまとめましたが、
だらだらと長くてすみません。
御先祖のことがいろいろわかってくると楽しいですね。
これからも、頑張って調べてください。
今年の秋にも「みちゆかし」が行われるそうです。
興味のあるプログラムがあったら、ご参加ください。
by ぱらぽん (2018-08-19 23:23) 

村本勝信

イヤイヤブログの半年後の投稿ですみません。藤枝の祖先調べも今年
に入り空振り2回ほどもらいました。貴ブログを読み直しました。
島田に居た曽祖父がなぜ藤枝で活躍?不思議に思いました。昨年の
みちゆかしの前に調べると本家の菊川石材主人が明治30年若死 後妻
(言葉悪いが)に入っていた佐野石材の創業者の娘佐野ゑいさんと大変
協力した様子。その佐野さんが受付!!
田中城下屋敷に有る街道比類なき傑作従是西田中領の石碑のナゾ?
維新後明治32年本多の殿様の娘さんの菊川への降嫁?
ナゾですね?地元でなくしかも70も過ぎ大変です。大変良いブログ
ありがとうございました。大切にご保存下さい。
by 村本勝信 (2018-08-20 19:17) 

ぱらぽん

村本さま、佐野さんご夫妻とは仲良くさせてもらっています。
旦那さまは、子供の頃から寺社に出入りなさっているので、
歴史、石碑、野仏などに大変お詳しいです。
またチャンスがありましたら、探求の続きをなさってください。
まだ残暑も厳しいと思われます。どうぞご自愛くださいませ。

by ぱらぽん (2018-08-20 23:49) 

村本勝信

1通750円の除籍が宇津ノ谷峠から知らなかった田中城まで、しかも
石屋で彫った遺物も多い。300年前まで遡れるか?また良いブログを
期待します。お元気で御活躍して下さい!!
by 村本勝信 (2018-08-21 07:41) 

ぱらぽん

村本さん、ありがとうございます。
村本さんもお元気で!!
by ぱらぽん (2018-08-21 12:33) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。