So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

焼津おんぱく2018 No.27「港町をあるく!焼津・浜通りの歴史さんぽ」 [焼津おんぱく]

2018年2月17日(土)10:00〜
焼津おんぱく2018 No.27「港町をあるく!焼津・浜通りの歴史さんぽ」
が開催されました。

image-20180220082802.png

集合場所は、焼津市本町の「船玉浦神社」
image-20180220083626.png

参加者の皆さんは、13名でした。
image-20180220082816.png
NPO法人「浜の会」からは、2名。
焼津観光ボランティア」からは4名が、勉強に来られてました。
そして「焼津おんぱく実行委員会」からは、こちら。
image-20180220083423.png
凸凹母娘(?)コンビです。がんばります。

こちらは、通称「ふなだまさん」と呼ばれる
image-20180220083520.png
「船玉浦神社」です。
image-20180220083535.png
風が強い日だったので、解説の声が聞き取りにくいと、
A班、B班と2つのグループに分けました。
A班は、「浜の会」の清水会長が担当。
神社の鈴の下に付いている紐は、「鈴緒」というそうですが、
焼津にある神社の「鈴緒」は、このように
ロープワークで飾られているものがあります。
image-20180220120929.png
漁師の皆さんは、漁場に付くまでの間は時間があるので、
セーターを編んだり(フィッシャーマンズセーターですよね?)、
このような綱を編んだり(マクラメ編みのようですね)、
ボトルシップを作ったり、したのだそうです。
image-20180220083548.png
4つに分かれた「いかり」を紹介。

焼津の港です。
image-20180220083718.png
image-20180220083731.png

小石川沿いに進みます。
image-20180220083800.png
大井川から材木を運ぶのに使われたそうです。
小川地区には材木屋が多かったそうです。

ここには「小泉八雲諷詠之碑」があります。
image-20180220083931.png
「小泉八雲と焼津」の関わりを説明した看板です。
image-20180220083948.png
八雲は、通算6回、焼津を訪ねたそうです。

image-20180220084013.png
清水さんは、「八丁櫓」の説明もしてくれました。
image-20180220084026.png
鷹狩りに来た家康公は、駿府から御座船できたそうですが、
その船のスピードが速くて、護衛を務める漁師たちも追いつけない。
そこで、他では禁止されていた櫓を八丁にして欲しいということで、
焼津の漁師のみ、「八丁櫓」を許されたのだそうです。
早く漁場に付けば、早くたくさん獲れる。
そうして焼津の港は賑わったのだそう。

B班は「浜の会」の永岡さんが担当です。
image-20180220084051.png

船の帆などを扱う「帆布」屋さんの建物です。
image-20180220084117.png

この道には、焼津市の「デザインマンホール」もありますよ。
ほら!
image-20180220084127.png
こちらも!
image-20180220084138.png

焼津らしい風景です。
image-20180220084157.png

真ん中のマークは、焼津市の市章ですね。
image-20180220084207.png

伊豆石で作られた倉庫です。
image-20180220084227.png
なぜ伊豆石が焼津にあるのか?
焼津の鰹節を江戸に売りに行った帰り、
空の船では安定性が悪いので、伊豆に寄って、
伊豆石を積み込み持ち帰り、蔵などに使われたそうです。
伊豆石は柔らかく加工がしやすかったので、重宝だったとか。
image-20180220084240.png
この倉庫は、壊すことになった金山さん(?)のものを
譲り受けて建て直したそう。

次は「北の弁天さん」です。
image-20180220084251.png
image-20180220084303.png
松も立派です。沖から見えたのだそう。
image-20180220084313.png
船元の奥さんや、船子の奥さんたちが、この神社に籠もって、
夫たちの無事と豊漁を祈ったそうです。

こちらは船元さんのお宅です。
image-20180220084330.png

消火栓もいなせです。
image-20180220084357.png

こちらは、食品加工業のお宅の典型。
image-20180220084737.png
前が住まいで、後ろが加工場だそうです。

こちらは、小泉八雲が滞在した「山口乙吉」さんの住居があった場所です。
image-20180220084751.png
現在その建物は、愛知県の明治村に移築されているそうです。

「北の御旅所」です。
image-20180220084812.png
焼津神社の荒祭の時に、「御供捧(おんくささげ)」の神事が行われるところです。
image-20180220084844.png
「日本武尊(やまとたけるのみこと)」が、ここから上陸したのだとか。
image-20180220084823.png
ここです!!

ここにも「八雲ゆかりの地」の看板があります。
image-20180220084856.png
「焼津市教育委員会・小泉八雲顕彰会」すごいですね。

カラーマンホール、ここにあります。
image-20180220084911.png
焼津市のマンホールカードの図柄になっているのはこれです。
image-20180220084929.png
「焼津観光協会」に行くともらえます。


かつての浜通りの暮らしは、波との闘いであったと。
image-20180220084944.png
以前の堤防はこの辺り。
こちらは、「八雲地蔵(波除地蔵)」。
image-20180220084959.png
由来はこちら。」
image-20180220085010.png
このお地蔵さまは昭和41年に新しく作られたものだそうです。
image-20180220085021.png
八雲が見た古いお地蔵さまは、光心寺に祀られているそうです。

こちらは、焼津の水産業に貢献した人々を讃える石碑です。
image-20180220085034.png
image-20180220085459.png

海岸に近いお宅では、個人宅でもこのくらいの波除けを用意していたと。
image-20180220085045.png

続いては、「常照寺」。
image-20180220085102.png
image-20180220085113.png
浜通り界隈で住職がいらっしゃるお寺は、こちらだけとか。
「おびんずる」さん。
image-20180220085125.png
実在の仏さんで「びんずる尊者 」
ありを殺してお釈迦様に叱られたそう。
目を大きく見開いているのが特徴

春、見つけました。
image-20180220085136.png

全員が集まり、住職のお話を聴けることに。
image-20180220085153.png
浄土宗の数珠のお話。
阿弥陀さまです。
image-20180220085216.png
後背には九品仏が祀られています。
この阿弥陀さま、最初は白木のままだったそうですが、
住職のご子息が、北京オリンピックのレスリングで銀メダルを獲得した、
松永共広選手なのですって!
image-20180220085232.png
それでその記念に、金箔を掛けたのですが、
銀メダルに因んで、頭光を銀色にしているそうです。
image-20180220085245.png
すごいですね〜。

こちらは「魚藍観音」です。
image-20180220085258.png
いいお話と、いいものを見せていただきました。
ご住職ありがとうございました。

こちらは、鰹節を作っていたお宅。
image-20180220085307.png
昔ながらの佇まいが今も見られます。
image-20180220085322.png
image-20180220085332.png
image-20180220085344.png
美しい素戸です。
image-20180220085402.png

この建物は、焼津市に寄贈された建物。
image-20180220085410.png
これから、浜通りの発信のために有効利用が検討されているそうです。
image-20180220085420.png

「ぬかや」さんのところまで来ました。
image-20180220085438.png
お隣は「丸八」さん。
image-20180220085512.png

こちらで、アンケートを書いてもらいました。
image-20180220085544.png
最後の記念撮影です。
image-20180220085519.png

風が強かったですが、お天気には恵まれました。
皆さま、ご参加ありがとうございました。
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。