So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

レポートNo.64「五感で感じる〝まち〟の石仏巡礼 ~美しい石仏と共に宿場町を感じよう!~」【藤枝おんぱく2018】 [SACLABO&藤枝おんぱく]

2018年4月28日(土)9:30〜 蓮華寺池公園近くの
「れんげじスマイルホール」前に集合して、行われたのは、
【藤枝おんぱく2018】No.64
「五感で感じる〝まち〟の石仏巡礼 ~美しい石仏と共に宿場町を感じよう!~」です。
image-20180428220426.png
朝の集合風景です。
撮影許可ももらいました。

ここでブログレポートしますが、このプログラムは5月15日(火)にも
もう一度行われます。
ですので、肝心なところの写真は、載せていません。
かなり写真もたくさん載せているように思われますが、
実際の取った写真は、この10倍くらい?
素晴らしい石仏たちに会えました。
ぜひとも、ご自身の目で見てください!!
1日でこれだけのコースを廻るのは、大変!
バス送迎がある、このプログラム、効率バツグンです。




案内人は、創業160年「佐野石材」の佐野雅基さん。
佐野石材6代目で、日本石仏協会会員でもあります。
image-20180428220458.png

佐野さんのプログラムのオススメポイントは、その資料にあります。
image-20180428220515.png
わかりやすい地図と、くわしい資料。
これを手に入れるために、参加する意義はあります。

本日の最初の訪問は、「寶國寺(宝国寺)」。
image-20180428220548.png
看板ができて、柵なども新調されてました。

徒歩移動します。
image-20180428220616.png

バス停「蓮華寺池公園入口」前の「長楽寺 秋葉山」の常夜燈。
image-20180428220721.png

「蓮生寺」前を通って、「茶之木稲荷神社」へ。
image-20180428220745.png
「まちクエスト」にも問題がありました。
image-20180428220759.png
ツアーをしながら、近くのクエストも探しながらやりました。

この後は、バスで移動。
image-20180428220825.png
佐野さんのプログラムのありがたいところでもあります。

「田中神社」のとなりには「満願寺」があったそうな。
このうっそうとしたところをくぐり抜けて、出会った石仏は…!?
image-20180428220908.png
ちょっとすごいですよ!どきっとします。

さらにその横のところで、馬頭観音を拝見しました。
image-20180428220940.png
普通は憤怒の形相が多い馬頭観音ですが、
上伝馬・下伝馬があった藤枝宿では、
使役で使われた馬も多かったと見えて、
大切に供養したのか、穏やかな顔が多いそうです。

ここからはバスで移動して、「鬼岩寺」へ。
image-20180429084722.png

宝篋印塔や五輪塔が並んでいます。
image-20180428220954.png
以前は別のところにありました。
鐘撞き堂ができて、こちらに移された模様です。

「黒犬神社」
image-20180428221106.png
今年は戌年なので、お正月の「リビング静岡」の特集で紹介されました。
スクリーンショット 2018-04-29 08.54.14.png

古くは、この前の道が旧東海道だったそうです。
image-20180428221028.png

その先には、「月見里(やまなし)神社」
image-20180428221157.png
お社の奥に、大楠の木があります。

その次に向かったのは、木町の「庚申堂」でした。
image-20180428221216.png
この地区では、熱心に庚申信仰があったようです。

お堂の中には、括り猿のつるし雛も祀られていました。
image-20180428221310.png
「茶町お庚申さんさるぼぼの会」の皆さんの作品かと。

この日は、「びくの会」の皆さんが、
庚申講についてのお話を朗読してくださることに。
image-20180428221321.png
お話を作ってくださった「片山うめの」さん。
後ろの漢字が書かれたものは、十干十二支を並べたもの。

「びくの会」の皆さんです。
image-20180428221352.png
「庚申講」のやり方をわかりやすくまとめてくれていました。
熱演です。
image-20180428221403.png
image-20180428221412.png

木町地区で使われていた「青面金剛」像の掛け軸。
image-20180428221521.png
三目六臂(三つの目と六本の腕)を持ちます。
この実物の像が、この「庚申堂」に祀られています。
必見です。

境内には庚申塔が並んでいます。
image-20180428221248.png
十干十二支が一回りして「庚申(かのえさる)」の年に、
つまりは60年ごとに作られたようです。

さて、またバスで移動して、今度は岡部へ。
image-20180428221540.png
「光泰寺」さん。
こちらでは、本殿の中に入れていただき、「木喰仏」を鑑賞。
ご住職から「木喰上人」のお話を伺いました。
「准胝(じゅんてい)観音菩薩立像」と「聖徳太子立像」。
「准胝観音菩薩立像」は2mもある大きさなので、
なかなか貸し出されることはないそうですが、
「聖徳太子立像」は、若い時代の聖徳太子の像なので、
全国からオファーも多く、このお寺にいらっしゃらないことも多いそうです。
なので、この2つの「木喰仏」が同時に見られ、
ご住職のお話を聴けたのは、とてもラッキーなことのようです。

「西國三十三観世音菩薩」を見学。
image-20180428221615.png
一つ一つがとても個性的。
image-20180428221630.png

裏側の崖を登ったところに、石室が。
image-20180428221652.png
この奥に石仏が数体ありました。
どうやってここを作ったのか?びっくりです。

またバスで移動して、「岡部照合案内所」へ。
「五智如来像」を拝見。

その横に、集められた石仏たち。
image-20180428221826.png
石仏界のイケメンがいました。

「岡部宿公園」でお弁当を食べました。
大旅籠柏屋でしばし休憩。
image-20180428221845.png
こんな鯉のぼりも!

バスで移動。
image-20180428221859.png
貝立公園下の貝立トンネルの名残。
その横には「不動明王」が。
image-20180428221916.png
いい細工がされていました。

バスで移動して、「新舟」へ。
image-20180428221929.png
「十四地蔵尊」があるところです。
「勝覚地蔵」もありました。

このプログラム、もう一度、5/15(火)にやりますよ。
この記事でたくさん写真を載せてますが、
実は核心に触れるものはあまり使っていません。
なので、参加すると、もっとびっくりするかも!?
ぜひご参加ください!
くわしくは、こちらで。
nice!(0) 

nice! 0