So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

2018.0624(土)第1回城郭講演会「城の変遷 〜中世から近世へ〜」@藤枝市郷土博物館・文学館 [藤枝市郷土博物館・文学館]

2018年6月16日(土)〜7月29日(日)
藤枝市郷土博物館・文学館で行われている展示です。

IMG_1267.jpg

企画展「駿河田中城と香川元太郎 城郭原画展 東日本編」!

第1回 6/24(日)14:00〜15:30 文学館の講座室で行われたのは、
城郭講演会「城の変遷 〜中世から近世へ〜」
IMG_1271.jpg
会場は、ほぼ満席です。
IMG_1274.jpg
学芸員の海野さんがご挨拶。
IMG_1275.jpg
講師は、東京都江戸東京博物館学芸員の齋藤慎一先生です。
IMG_1280.jpg

「城」といえば「天守閣」のイメージ。
こちらは、「姫路城」
IMG_1285.jpg
近世の城は、平和の象徴。
合戦の城は、中世。
はじめに
IMG_1287.jpg
・中世は、日本史において、城郭が最も発展した時代。
・中世の城のイメージを豊かにし、近世城郭が出現した背景を考える。
県内のお城の数は?
IMG_1288.jpg
①50城 ②100城 ③500城 ④700城 ⑤わからない
IMG_1291.jpg
答えは、「わからない」そうです。
調査研究が進めば、まだまだ増えるってことですね。
いくつかの例をあげてくださいました。
松戸の小金城
IMG_1301.jpg

山中城 
IMG_1302.jpg
ワッフルみたい!
「障子堀ワッフル」という商品があるそうです。

IMG_1303.jpg

一乗谷朝倉氏遺跡
IMG_1304.jpg

IMG_1312.jpg

IMG_1321.jpg

機能分担
IMG_1331.jpg

政治的機能の諸側面
IMG_1338.jpg

このような縄張図が、
IMG_1356.jpg
実際は、このように。
IMG_1357.jpg

このような柱の跡は、
IMG_1359.jpg
このようになっていたと類推できる。
IMG_1362.jpg

聖地論
IMG_1363.jpg

山頂の霊地
IMG_1364.jpg

縄張図と実際の写真
IMG_1371.jpg

3静岡県内の城館
IMG_1402.jpg

4築城に関わる人々
IMG_1460.jpg

中世から近世へ
IMG_1485.jpg
IMG_1483.jpg

おわりに
IMG_1486.jpg
近年は、中世そして近世の城館に、軍事的な機能だけでなく、
日常の機能(政治的な施設・象徴制・宗教性など)をも考えている。
軍事的と日常を両端に置き、その間でウェートを考える。
*従来の軍事的施設としての城館は、
史料用語を探ると「城」とは呼ばない。
「要害」「地利」などと呼ばれている。

おしまい!
IMG_1488.jpg

かなりたくさんの写真を撮らせていただきましたが、
資料を全て解説&レポートできなくてすみません。
抜粋にて、ご紹介いたしました。
IMG_1490.jpg
ご講演、ありがとうございました。

企画展「駿河田中城と香川元太郎 城郭原画展 東日本編」の
展示の概要は、こちら
展示の様子は、こちら

藤枝市郷土博物館と島田市博物館との連動企画!!
IMG_1500.jpg
チラシの裏側の「来館証明スタンプ」をそれぞれに押してもらうと、
2館目に行ったところで、城郭原画のオリジナル記念品がもらえます!
それは何?
それはもらってみてのお楽しみ!
ぜひ、両館にお出かけして、2館のスタンプをもらって、
素敵な商品をゲットしてください。

nice!(0) 

nice! 0