So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

2018.0701(日)第2回城郭講演会「城をイラストで復元する」@藤枝市郷土博物館・文学館 [藤枝市郷土博物館・文学館]

2018年6月16日(土)〜7月29日(日)藤枝市郷土博物館・文学館では、
企画展「駿河田中城と香川元太郎 城郭原画展 東日本編」が行われています。
この展示もさることながら、全4回の「城郭講演会」も人気です。

IMG_1605.jpg

この日は、城郭復元イラストレーターの「香川元太郎」先生の講演会!
IMG_1610.jpg

第2回 城郭講演会「城をイラストで復元する」
IMG_1606.jpg

14:00〜 いよいよ始まります。
IMG_1615.jpg

藤枝市郷土博物館・文学館学芸員、海野さんのご挨拶。
IMG_1614.jpg

先生の著作のご紹介です。
IMG_1617.jpg

さあ、始まりますよ。
IMG_1623.jpg

城郭復元イラストレーター「香川元太郎」先生です。
IMG_1622.jpg

先生のお仕事は、お城関係だけでなく、
学校の教科書のイラストや、
IMG_1629.jpg
迷路の絵本もたくさんあるそうです。
くわしくは、先生のHPをご覧ください。
こちらです。

【復元イラストで表現するのにはどんな意味があるのでしょう?】
数々の資料などをもとに、全体の地形や当時の姿などを表すことができます。
今では、見ることができないものを見せることができるのが、
復元イラストのいいところです。

まず、これは何城でしょう?
IMG_1630.jpg
「安土城」琵琶湖の東湖畔にありますが、復元はされていません。
明治期には湖だったところが、現在では田んぼになっています。
先生のHPでは、
大手となる南側からの鳥瞰。
安土城は、それまでにない大規模な石垣・瓦を用いた
城郭建築・天守(天主)を持つ事が画期的だった。
とあります。

次は、何城でしょう?
IMG_1632.jpg
「姫路城」です。
このような構造図は、イラストでなくてはなくては表現できませんね。
実際に見学できるところは、半分くらいなんですって。
この絵は、香川先生が30代の頃のお仕事、
「姫路城」の解説図としてよく使われるそうです。
先生のHPによると、
大天守と3つの小天守を渡り櫓で結ぶ構成は「連立式天守」と呼ばれる。
中庭には2階建ての台所もあり、その構造は極めて複雑。
解体修理報告書と現地取材を資料として描いているが、
香川の城イラストの中でも、最も制作に時間がかかったもの。
とのことです。

今度は、このお城です?
IMG_1633.jpg
「甘崎城」です。 先生のHPより、
瀬戸内海の交通や信仰の中心だった大三島の東岸に浮かぶ小島。
戦国時代には村上水軍の海賊城が築かれていたが、
藤堂高虎によって改修され、今治城の支城となっていた。
だそうです。

最後は、このお城です。
IMG_1634.jpg
家光時代の「江戸城」天守です。
先生のHPでは、
北から見た寛永期天守。
江戸の町を火の海にしたという明暦の大火で、御殿などと共に焼失。
その後天守は再建されなかった。
と紹介されています。

【その復元イラストをどのようにして描いているのか?】
IMG_1635.jpg
「復元イラスト制作 下絵編」

「山中城」を例に解説してくださいます。
「山中城」は、先生のHPによると、
戦国時代の城で、羽柴秀吉による小田原攻めの際、
北条方の最前線基地として、東海道を塞ぐように築城された。
障子堀が多用され北条流築城の粋を集めた城だったが、
激戦の末、圧倒的大軍の前に1日で落城した。
ですと。

地形図と縄張図を用意します。
IMG_1636.jpg

ライトテーブルに50m間隔のメッシュ(碁盤目)を敷きます。
IMG_1639.jpg

地図を重ねます。
IMG_1640.jpg

地図の各部に標高を記入します。
IMG_1645.jpg

縄張図を参考に、下絵を描いていきます。
IMG_1646.jpg

下絵ができました。
IMG_1647.jpg

スキャナーに取り込んで、色分け作業をします。
IMG_1649.jpg

山は緑で塗り、建物などは赤で印を。
IMG_1651.jpg

下絵が完成したら、メールで画像を送り、
監修を受けるそうです。
IMG_1652.jpg
修正があれば、ここで直します。

彩色をして、でき上がった「復元イラスト」が、こちら
IMG_1653.jpg

その彩色などの方法の説明は、こちらで。
「復元イラスト制作・本画編」
IMG_1655.jpg
「朝比奈城」を例に解説してくださいました。

画用紙をマスキングテープで縁取ります。
IMG_1656.jpg

下地絵具(ジェッソ)を塗った紙に、エアブラシで黄土色の地面色を吹き付けます。
IMG_1658.jpg
土のざらつき感が出るように、粒子を調整します。

こちらが、下絵です。
IMG_1659.jpg

その上に画用紙を重ねます。
IMG_1661.jpg

これから、線描きを始めます。
IMG_1662.jpg

下絵を見ながら、シャープペンシルで、線描きしていきます。
IMG_1664.jpg

描けました。
IMG_1665.jpg

シャープペンシルの線が触っても汚れないように、
定着液(メディウム)を吹き付けます。
IMG_1666.jpg

エアブラシで、緑を吹き付けます。
IMG_1668.jpg

筆で地面を薄茶色に塗ります。
IMG_1670.jpg

筆で木を一本一本塗ります。
IMG_1672.jpg

日本画の絵画的技法を使って、描いていきます。
IMG_1673.jpg

ミリペンで建物や柵などを描いていきます。
IMG_1675.jpg

筆で影を入れて、立体感を出していきます。
IMG_1677.jpg

テープを剥がしてできあがりです。
IMG_1680.jpg

【以前描いたイラストを変更することがあるのか?】
IMG_1682.jpg
「時代考証による イラストの変化」

「大阪城」
IMG_1684.jpg
下:90年代中頃(30代)に制作
右上:2011年に制作
左上:2016年に制作
発掘された状況で変わる。
3枚とも同じ「大阪城」本丸だが、描く向き、範囲が違う。
下のは、掲載されるページの都合で、上下をなるべく縮まなくてはならなかったそう。

「中井家」の「本丸図」
IMG_1685.jpg

「本丸図」のいろいろ
IMG_1687.jpg

IMG_1689.jpg
「大坂冬の陣配陣図」
IMG_1690.jpg

IMG_1693.jpg
発掘された障子堀
IMG_1694.jpg

発掘を反映させたイラストになった。
IMG_1696.jpg
左の真ん中に「障子堀」を盛り込んだ。
IMG_1697.jpg

「真田丸」
IMG_1698.jpg
異なる資料を用いると、イラストも変わる。

2000年制作の「真田丸」
IMG_1700.jpg
繰り返しいろいろなところで使われた。
これを描いた時の資料はこちら。
IMG_1701.jpg

2015年制作の「真田丸」
IMG_1703.jpg
2016年の大河ドラマで注目を浴びた。
IMG_1706.jpg
その時に参考にした資料。
左上:浅野文庫諸国古城之図
左下:極秘諸国城図(松江市)
右: 国土地理院

この3枚の地図を元に、描かれたのが、右下の「真田丸」
IMG_1708.jpg
左下に、「大坂冬の陣」屏風からヒントを得た、塹壕を描いた。

「姫路城」池田時代
IMG_1709.jpg

「姫路城」江戸中期
IMG_1711.jpg

【調査成果によって修正することもある】
IMG_1712.jpg
例:「諏訪原城」

過去に描いた「諏訪原城」
IMG_1713.jpg
左上:武田時代を想定
右下:徳川時代を想定
しかしその後、新たな調査結果から、異なる解釈が…。

2017年に新たな調査成果を踏まえて制作
IMG_1717.jpg
この行列は「今川氏真」のものと考えていた。
IMG_1720.jpg
なので、「赤鳥」の旗印にした。
IMG_1722.jpg

が、その後の調査成果により、
大手曲輪が完成し、土塁もあった。
二の曲輪、土塁も広げた。
となると、時代は「徳川家康」の時代だ!
というわけで、直すことに!!

どうするのか?
IMG_1723.jpg
絵具で塗りつぶし、
IMG_1725.jpg
新たに描き直します。
IMG_1730.jpg
できあがり!
IMG_1731.jpg
全体図です。
IMG_1732.jpg

本当に大変なお仕事だな〜と思いました。
でも香川先生は、日本画の勉強をしていたので、
修正する技術のノウハウがあるので、綺麗に直せちゃうのだそうです。
IMG_1733.jpg
最近では、デジタルで描かれる作家さんもいるそうです。

2018年6月に発行された著書「日本の城」は、
すごい売れ行きで、増刷が決まったそうです!!
おめでとうございます。
IMG_1735.jpg
貴重な初版本を買わせていただきました!
先日購入の「山城ガイド」とともに、サインをしていただきました。
IMG_1736.jpg
スタンプは、迷路になっています!!
香川先生、ありがとうございました。

藤枝市郷土博物館・文学館の
企画展「駿河田中城と香川元太郎 城郭原画展 東日本編」

7月15日(日)には、「田中城本丸櫓の建築模型」ワークショップ。
IMG_1607.jpg

7月21日(土)には、「信長 天下布武のペーパークラフト」
の体験講座がありますよ。
IMG_1608.jpg

企画展「駿河田中城と香川元太郎 城郭原画展 東日本編」の
展示の概要は、こちら
展示の様子は、こちら

「諏訪原城」の模型と原画も見られる「島田市博物館」の展示、
概要はこちら
展示内容は、こちら
春風亭昇太師匠の「城の魅力まるわかりトークショー」は、こちら
チケットは、だいぶ少なくなってきたようです。
行きたい方は、チケットの手配をお早めに!!

藤枝市郷土博物館と島田市博物館との連動企画!!
IMG_1500.jpg
チラシの裏側の「来館証明スタンプ」をそれぞれに押してもらうと、
2館目に行ったところで、城郭原画のオリジナル記念品がもらえます!
それは何?
それはもらってみてのお楽しみ!
ぜひ、両館にお出かけして、2館のスタンプをもらって、
素敵な賞品をゲットしてください。
nice!(0) 

nice! 0