So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

2018.0707(土)家康公の姿で「久能山東照宮」に参拝、ご祈祷していただきました。 [石上亮とでかけましょ♪]

2018年7月7日(土)「日本平ローウウェイ」の「あおい号」にて、
「久能山東照宮」に到着しました。

IMG_1951.jpg
「ようこそ 久能山へ」のアーチが迎えてくれました。



この日は、御祈祷をお願いしているので、社務所の中に案内されました。
IMG_1953.jpg
おお、「ブラタモリ × 家族に乾杯」のポスターが!!

今回の「徳川家康公」の姿での参拝を許してくださった
「久能山東照宮」の権宮司の姫岡さんと、渉外課の竹下さん。
IMG_2467.JPG
「石上亮」が今日に至るまでのことなどを簡単にお話しし、
IMG_1955.jpg
御祈祷のお願いをしました。

書類を書いたあとで、絵馬に願いを書きます。
IMG_1958.jpg
IMG_2483.JPG

社務所前のお手水で身を清めます。
IMG_1960.jpg

竹下さんの案内で、拝殿に向かいます。
IMG_1962.jpg
まずは、楼門に進みます。
IMG_1966.jpg

IMG_1970.jpg
鳥居をくぐり、
IMG_1972.jpg
神楽殿の前を通り、

唐門の前まで来ました。
IMG_1984.jpg
通常ですと、この階段は通ることができません。
何かの行事があるとき、お正月など特別な時だけ通行が可能になります。
IMG_2468.JPG
ご祈祷もその特別な場合になるようで、通らせていただきました。
IMG_1986.jpg
唐門の前の「徳川家康公」感無量です。

一般の方々がお参りされているところの横を、
脇の階段から、拝殿へ上がらせていただきました。
拝殿内部です。
IMG_1995.jpg
IMG_1992.jpg
IMG_2004.jpg
IMG_2469.JPG

IMG_2007.jpg
太鼓が打たれました。
IMG_2470.JPG

こちらに「徳川家康公」が祀られています。
IMG_2009.jpg

ご祈祷が始まります。
IMG_2484.JPG
IMG_2485.JPG
IMG_2486.JPG

つつがなく終わりました。
IMG_2016.jpg
IMG_2027.jpg

こちらに「徳川家康公」が祀られています。
IMG_2030.jpg
その両隣に、祀られていらっしゃる方は?
IMG_2031.jpg
左:織田信長公 右:豊臣秀吉公だそうです。
時には闘われたこともある「三英傑」と呼ばれるお三方ですが、
神様になってしまわれたらご一緒にということです。
久能山東照宮にお参りなさるということは、
このお三方に手を合わせていることになるのですね。

こちらは国宝でもあります。
中の装飾も素晴らしいです。
IMG_1997.jpg
IMG_1999.jpg
IMG_2013.jpg
IMG_2014.jpg
IMG_2015.jpg
拝殿に入れせていただけたので、拝見できるものです。

竹下さんと記念に撮らせていただきました。
IMG_2036.jpg

さらに、拝殿の彫刻などについてもご説明いただきました。
IMG_2042.jpg

その後は、御廟所に参拝いたしましょう。
IMG_2044.jpg
IMG_2048.jpg

「神廟」
IMG_2058.jpg
徳川家康公の御遺体が納められた廟です。
当初この地には小さな祠が建てられていましたが、
三代将軍家光公によって石造りの塔に改められました。
その事から江戸時代は御宝塔と呼ばれ、
明治時代以降は神廟と呼ばれています。
家康公の御遺命に従い、西向きに建てられています。

IMG_2049.jpg
家康公の眠っているところに、
家康公の姿でお参りさせていただく、
不思議なご縁を感じます。
IMG_2056.jpg

竹下さんが、いろいろなお話をしてくださいました。
IMG_2057.jpg
IMG_2063.jpg

「徳川家康公」ご縁をありがとうございます。
IMG_2066.jpg

それでは、戻りましょう。
IMG_2067.jpg
IMG_2071.jpg

拝殿の「葵御紋」に逆さのものがあると。
IMG_2072.jpg
IMG_2076.jpg
IMG_2073.jpg
完璧なものを作ると、後は壊れるだけ。
常に手を入れて、未来永劫続いていけるようにという
宮大工さんの知恵、おまじないだとか。
何から何まで凄すぎます。

参拝を終えて、絵馬を奉納します。
IMG_2084.jpg

IMG_2091.jpg

途中に、芸事と財運の神様が祀られているところにお参り。
厳島神社
IMG_2098.jpg
稲荷神社
IMG_2102.jpg


楼門のところには、「家康公御手形」があります。
IMG_2095.jpg

竹下さん、ありがとうございました。
IMG_2109.jpg

社務所に戻ると、姫岡さんが迎えてくださいました。
IMG_2111.jpg

お願いして記念撮影をさせていただきました。
IMG_2117.jpg
「白檀塗具足」の御手拭いをいただきました。
IMG_2121.jpg
売店でも販売中です。

御朱印もお願いできました。
IMG_2268.jpg

いろいろお世話になったお礼を兼ねて、
こちらで名乗りを上げさせていただきました。
IMG_2125.jpg

動画でどうぞ。

*事前に許可を得て、撮影させていただきました。
この地で、「徳川家康」を名乗らせていただき、感動でした!
ありがとうございました。

こちらは、「久能山東照宮博物館」です。
IMG_2136.jpg

階段で来られた方は、こちらから。
IMG_2139.jpg
足元を気をつけて、お帰りください。

ロープウェイで来られた方は、こちらから。
IMG_2141.jpg
あじさいがお見送りをしてくれました。

さて帰りは、姫の駕籠「たちばな号」で参ろう!
IMG_2150.jpg

「案内の姫!よろしく頼む!」
IMG_2153.jpg
IMG_2159.jpg

日本平駅には、「絆の鍵」の碑もあるぞ!
IMG_2162.jpg
カップルの記念に良いかもしれんのう!

無事に久能山東照宮に参拝させていただき、ありがとうございました。
ご尽力いただいた全ての方に、感謝申し上げます。
ありがとうございました。
また、伺うことができますように、お祈りいたします。
nice!(0) 

nice! 0