So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

細田守監督作品「未来のミライ」を観ました。 [映画館へ行こう!]

2018年7月24日(火)藤枝シネ・プレーゴにて、
細田守監督作品「未来のミライ」を観ました。

IMG_3489.jpg

公式サイトは、こちら

予告編で見て想像していたものとは、ちょっと違っていました。
思っていたより、時代幅も、視点も広くて、
くんちゃんの今が現代だとしたら「平成」
未来のミライちゃんがいる世界は「次の世」?
じいじとばあば、ひいじいちゃんとひいばあちゃんの世界は
確実に「昭和」で、戦争に関するできごとも少し盛り込んでいる。
つまり、昭和から平成、そして次の世までに渡って、行き来する作品。
それぞれの年代の人が見せる、ありふれた日常の癖のようなことどもを、
リアルに詳細に表している。
そういう情景に、共感する、癒される、人がいるかもしれない。
まあ、見た感想を一言で言うと、
「ひいじいちゃん、かっこええ!」かな。
人は誰もが愛される存在、宝物だよ!
と確認できるかもしれないね。
ちょっと、鉄分が高めのシーンもありますよ。

「時をかける少女」
「サマーウオーズ」
おおかみこどもの雨と雪
バケモノの子
と観ております。

もしかしたら、続編ができてもいい作品かもしれません。
大人になっていく「くんちゃん」が観たいです。
達郎ファンは、ぜひどうぞ!
nice!(1) 

nice! 1