So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

2018.0731「春風亭昇太の城の魅力まるわかりトークショー」が行われました。 [ヒストピア島田]

2018年7月31日(火)島田市の平成30年芸術文化普及事業、
「春風亭昇太の城の魅力まるわかりトークショー」が行われました。

会場は、島田市の「プラザおおるりホール」です。
IMG_3773.jpg

IMG_3775.jpg
大人気で、完売御礼だそうです。
IMG_3774.jpg

まだ開場前ですが、準備の様子も少しレポートします。
*この日、ぱらぽんは関係者の許可を得て、
動画&写真撮影、イベントの記録&掲載もさせていただきました。
IMG_3777.jpg
入口はこちら。

この日出演の「武将隊TOKYO」さんの控え室です。
IMG_3779.jpg
右から、徳川家康公、寿桂尼様、今川義元公です。
IMG_3877.JPG

会場です。スクリーンの準備など。
IMG_3782.jpg

座席案内です。664席あるようです。
IMG_3785.jpg

配布する資料も、準備OK!
IMG_3786.jpg


イベントの告知パネルです。
IMG_3784.jpg
城好き落語家の第一人者「春風亭昇太」師匠です。
IMG_3790.jpg
お城を見に行かれた、昇太師匠と、「日本城郭協会」理事の「加藤理文」先生
IMG_3792.jpg
お城マニア・観光ライターの「いなもとかおり」さん
IMG_3793.jpg
「武将隊TOKYO」主宰する「石上亮」さん
IMG_3796.jpg

こちらは、「諏訪原城」の発掘を説明するパネルです。
IMG_3797.jpg
IMG_3798.jpg
IMG_3799.jpg

お城関係の本を販売する本屋さんもスタンバイOK!
IMG_3808.jpg

この日のマイスタッフ・大野くん!
IMG_3801.jpg
バッジの販売を手伝ってくれることに。
種類は3つあります。
IMG_3803.jpg
IMG_3804.jpg
IMG_3805.jpg

早くから並んでくださっているお客様たち。
IMG_3807.jpg

あまりにも早くから集まってくれたので、
10分ほど早く開場されました。
IMG_3812.jpg
満員御礼です!
IMG_3813.jpg

さあ、いよいよ始まります。
IMG_3819.jpg

司会は、「片川乃里子」さん。
IMG_3817.jpg

まずは「武将隊TOKYO」によるオープニングアクトです。





オープニングにふさわしく、パワー全開でした。

お次のトークは、「春風亭昇太」師匠です。
IMG_3826.jpg
「私がお城好きになった理由」
昇太さんが、お城好きになったきっかけは、
へその緒が入っている箱に、生まれた場所として書かれていたのが、
「静岡県清水市二ノ丸町」
「二の丸」?と不思議に思って、図書館で郷土史の本を見る。
「江尻城」の二の丸のあった場所で生まれたことになる。
調べたら、市内にお城跡がうじゃうじゃあった。
当時中学生。自転車で回った。
友人の高橋くんがお城の趣味に付き合ってくれた。
高校1年の時に、一緒に諏訪原城に行った。
金谷駅を降りたら、淋しい。何もない。売っているのは飴だけだった。
全く整備してない諏訪原城、堀はあった。
大きさと深さはすごいぞ!と思ったけれど、
木が生えていたので、全体が分からなかった。
今は縄張図があるけれど、当時は簡単な見取り図くらい。
関係がわからない。
最近は、木を切ってくれて整備され、見やすくなった。
あそこを見て、おお〜って思えない人は人間やめたほうがいいくらいすごい!

少し前までは、天守閣がないとお城とは言われなかった。
仙台青葉城、何もないと言われる。
吉野ヶ里遺跡(環濠集落)、
天守閣が生まれてくるのは、江戸初期
姫路城、外側に鍵がある。
殿様は御殿にいて、天守閣にはいない。
見栄えのいい倉庫?
お城=天守閣 という時代はあった。
最近は、戦国時代の中世のお城が見直され始めている。
堀った土を土塁にした、など、認知され始めた。
忙しくなるかも?
諏訪原城がスタンダードに!
近世のお城は御殿が大事。
現存12城。

*ぱらぽん注:探して見ると、
 弘前城(青森)、松本城(長野)、丸岡城(福井県)、犬山城(愛知県)、
 彦根城(滋賀県)、姫路城(兵庫県)、松江城(島根県)、備中松山城(岡山県)
 丸亀城(香川県)、伊予松山城(愛媛県)、宇和島城(愛媛県)、高知城(高知県)
 現存御殿があるのは4城。
 高知城、二条城、掛川城、川越城

掛川城の天守閣は復元だが、日本初の「本格木造天守閣」。
御殿と櫓太鼓は、現存のものなので貴重。
文化遺産は、誰がどうして作ったかが大事。
五万石クラスの大名が作った城を、ぜひ見てください。
昇太師匠、ありがとうございました。

お次は、「加藤理文」先生。
IMG_3828.jpg
テーマは、「第三次城ブームの到来! 諏訪原城の時代がやってきた!!」
IMG_3831.jpg
大井川を挟んで武田と徳川がにらみ合った。
徳川家康はどうしてもこの諏訪原城を取り返したかった。
長篠の戦いで武田軍が兵を回せないところを攻めた。
武田軍は逃亡に際し、主郭に火を放ち再利用されないようにした。

徳川は、諏訪原城を大きく改造した。
発掘により、武田の遺構が見つかったのは、
焼かれた跡がある主郭跡と、二の曲輪の東内・南・東の馬出あたり。
後者には、鉄砲玉が50発くらい出土している。

諏訪原城は、まるまる遺っているのがすごいこと。
織田・豊臣は、石垣で城作りをしたが、
徳川は、技術がなかったので、広くした。
考えての城づくり。

学研の「山城ガイド」
絵を使って説明している。分かりやすいです。
IMG_3836.jpg
加藤先生、ありがとうございました。

ここで、スクリーンに映し出されていた
イラストの作者が紹介されました。
IMG_3838.jpg
島田市ゆかりのイラストレーター「永井秀樹」さん。
IMG_3841.jpg
静岡新聞の連載小説「家康」の挿絵を描かれたそうです。
大スクリーンの武将たちは、すごい迫力でした。

ここで、10分間の休憩です。

会場全体の様子です。
IMG_3842.jpg
第二部「城の魅力まるわかりトークショー」が始まります。
IMG_3847.jpg
右から、加藤理文先生、春風亭昇太師匠、片川乃里子さん。
IMG_3850.jpg
左から、いなもとかおりさん、徳川家康公、寿桂尼さま、今川義元公。
IMG_3851.jpg

★それぞれの方が、お城のどこがお好きか?
熱く語りました。

まずは、かおりさん!
お城巡りを始めたのは10年前。
当時は、地味な趣味だねと言われた。
一目惚れしたのは「会津若松城」!
イケメンでしょう?

家康公が上げたのは、新潟県上越の「春日山城」!
標高180mの山ひとつ、丸ごとが城になっている。
本丸・天守台跡から、春日山神社、家来の屋敷跡まで、
城内は見どころ満点であると。

昇太師匠は、お城のパーツが好きと。
縄張図が好き。城全体の防御プラン。
縄張図を見ただけで興奮できる。
そういう意味でも諏訪原城は、第一級品!
お城ネタでご飯が3倍食べられる!

加藤先生は、石垣が好き!
これにはかおりさんも反応。
石垣いいですね〜。土木量に萌える!
城メシ、3杯いけます!!
加藤先生
福岡県大野城市に、古代山城で「大野城」というのがあり、
1350年前の城なのだが、タイムスリップしたよう!!
当時、手作業で石を積んでいる。
管理している教育委員会、ありがとう!!という感じ。

*ぱらぽん注 検索して見たら、
大野ジョーと行く!古代山城大野城」という記事を発見!
大野ジョー」というキャラがいました!これ、ツボ!必見です。
(やばい、グッズやカルタまである!!)

お城を見る楽しみ方は、
頻繁に行くと、楽しみ方のコツがわかるそうです。
必要性も!
この日、午前中に皆さんで「諏訪原城」に行かれたそうですが、
かおりさんが、ガムテープを持参!
お城の見学には、長袖長ズボンが鉄則ですが、
ズボンと靴の隙間から、マダニなどの虫が入らないように、
ガムテープでズボンの裾を絞っておくのだそう。
夏は草も多く、遺構がよく見えないので、
城見学は、涼しくなってから、秋冬の方がオススメのようです。
必要なら杖も持って行く!
堀の中に入って行くと、その深さや幅がわかる。

諏訪原城の魅力
IMG_3855.jpg
何もない、原っぱのようだと思うかもしれないが、
皆さん、「諏訪原城」はオススメだと!
近くにあるのに行かないのはもったいないと。
日本中のお城好きがいつかは行きたいと思う
憧れのお城が近所にあるのに、行かないのは損!
それも諏訪原城を整備してくれたから見やすくなった。
城好きな、昇太師匠や、加藤先生が、諏訪原城に行くと、
初めてではなく何度目かであるのに、
必ず「ああ〜!」と声が出ちゃう!
いつも同じところの写真を撮っちゃう!
のだそうです。

歌舞伎や落語を生で見たことがないというのを、
もったいないということがあるが、
国の指定遺跡である諏訪原城に行ったことがない!
というのも同じくらいもったいない、ですと。
感じなくてもいいので、行って見て欲しい。
いろいろなお城に行ってみて、比べて見るといい。
いかにこの諏訪原城がすごいかがわかるはず!

縄張図
曲線美の美しさ
土木量
5mクラスの堀
武田の城というより、徳川が考えて大きくし完成させた城
丸馬出、三日月堀
今川氏真公を招き入れた


★今後、どのようになって欲しいか?

家康公
まさに見ないと損な城、諏訪原城!
来て欲しいし、インスタ映えするから、
SNSで拡散して欲しい。
「武将隊TOKYO」を置きましょう!

かおりさん
今やVRなどもあり、わかりやすく発信することができる。
これからは、皆さんが自分で発信できる時代です。
ぜひともこちら側に来て、一緒に城を楽しみましょう!

昇太師匠
少なくとも地元島田の人は、諏訪原城を見て、自慢すればいい。
大体の小学校が遠足等で、来ているはずだが、
先生がどう説明しているかで、違ってくるはず。
子どもたちが自分たちのまちに誇りが持てるように、
自分のまちのことを褒めなきゃ!!

加藤先生
まずは、島田商業!甲子園に行って欲しかった!
パチパチパチパチ!
諏訪原城についても、同じくらい応援して、
地元の人が愛してくれたら、良くなる。
茶畑にいる人に、道を教えてもらうとか、
そういうのが大事。
今、諏訪原城のガイダンス施設を作ろうとしている。
*ぱらぽん注
 その施設のオープニングには、「武将隊TOKYO」を呼んでください。
 オープニングアクト、会場案内、模擬戦…など、
 絶対に楽しいと思いますよ!

諏訪原城に行って欲しいですが、現在は、毎日とても暑いので、
難しそうな人は「島田市博物館」に行って、
香川元太郎先生原画展を見てください。
諏訪原城の鳥瞰図もありますよ!!

藤枝市との共同スタンプ企画もやっています。
*ぱらぽん注 藤枝市の展示は終わりましたが、
スタンプ2個集めると記念品プレゼントは、9/2まで対応しています。
あきらめずに、もらいに行ってください。
藤枝では、常設展の城の展示を見れば、今からでもスタンプはもらえます。

この後は、ゲストのサイン入り色紙がもらえるクイズ大会でした!

IMG_3871.jpg
皆さま、とても楽しい時間をありがとうございました。
これからも、お城について勉強したくなりました。
いろいろなお城に、行きた〜い!!
nice!(0) 

nice! 0