So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

2018.0805(日)「博物館講座 諏訪原城 〜発掘調査の成果と史跡整備の現状〜」@島田市博物館 [ヒストピア島田]

2018年8月5日(日)13:30〜
島田市博物館の講座室で行われたのは、
企画展(収蔵品)を2.5倍楽しむ「博物館講座」です。

IMG_3909.jpg
テーマは、「諏訪原城 〜発掘調査の成果と史跡整備の現状〜」です。



まずは、「島田市博物館」の学芸員、朝比奈さんのご挨拶。
IMG_3902.jpg

この日の講師は、島田市教育委員会 主任学芸員の
「萩原佳保里」さん。
IMG_3904.jpg
京都の花園大学で、考古学を学ばれたとか。

この日、撮影&記録の許可を得ましたので、ブログに書かせていただきます。

会場は満員です。
IMG_3907.jpg
8割の方は、ここ数年の間に、「諏訪原城」に行ったことがあるそうです。
IMG_3908.jpg
つまり整備が始まってからの「諏訪原城」を見ているということです。

皆さんのイメージの城はどんな感じですか?
IMG_3911.jpg

お城に行った時、どの場所を見ますか?
IMG_3912.jpg

まずは、「諏訪原城」の位置を確認。
IMG_3913.jpg
JR金谷駅から、西の坂道を500m登った牧之原台地。
標高は、金谷駅110m、諏訪原城の本曲輪が217mだそうです。

「諏訪原城」が注目されたのは、
旧金谷町の郷土史家「清水勝太郎」さんが、
現地調査を行い、建物や櫓の位置などを想像して、
図面(推定の縄張図)にした。
昭和29年(1954)、県指定の史跡になった。
昭和30年後半に金谷町で水害が発生し、
復興が優先され、諏訪原状の調査はストップした。

昭和50年(1975)国指定史跡になった。
本曲輪、二の丸曲輪、惣曲輪の一部。
選ばれた理由は、武田氏の遺構の残りが良いこと。
平成14年(2002)には、大手曲輪の一部が追加指定された。
総指定面積は、113,305㎡。

「諏訪原城」の立地は、
IMG_3915.jpg
大井川を見渡せる国境に建っていた戦国の山城。
当時の大井川の位置は、今とは違って、もう少し西寄り。
牧之原台地に沿って流れていた。
自然地形に守られた、後ろ堅固の城だった。

「諏訪原城」の特徴
IMG_3916.jpg
①国境(くにざかい)の城
②「後ろ堅固」の城
③丸馬出(まるうまだし)の多さと巨大さ
④大規模な横堀
⑤良好に残る虎口(こぐち)
⑥交通の要衝に立地
別名「扇城」
IMG_3917.jpg
本曲輪を中心として、二の曲輪、惣曲輪と大手曲輪の配置が、
扇状になっている。

「諏訪原城」の歴史
IMG_3918.jpg
天正元年(1573)
武田勝頼により築城
家臣の馬場美濃守信房(ばばみののかみのぶふさ)に作らせた。
天正3年(1575)8月24日徳川家康に攻め落とされ、落城
武田軍は諏訪原城に火を放ち、小山城(吉田町)に逃げた。
家康の手に落ち、「牧野城(牧之原城)」となる。
天正7〜9年 度重なる改修。
「松平家忠日記」に改修の記録が出てくる。

「諏訪原城」の整備を進めるために!
IMG_3920.jpg
(構想関係)
平成4年 諏訪原城跡保存管理策定報告書
平成8年 諏訪原城跡整備基本構想(青写真)
平成13年 諏訪原城跡整備基本構想(改訂版)
平成22年 諏訪原城跡整備基本計画(具体的に看板など)
平成23〜24年度 二の曲輪北馬出と園路の基本及び実施計画
平成25年〜 史跡整備

(公有化)
平成3〜19年度 約83%

(整備のための発掘調査)
平成16〜27年度

発掘調査から見る「諏訪原城」の姿
IMG_3921.jpg
発掘調査の作業員の仕事は、意外に重労働。
ツルハシで、お茶の木の根っこなどを掘り上げる。
1日で辞める人が結構多い。
隅丸方形竪穴住居跡
土の色で、茶色のところは、「地山(じやま)」。
黒いところは、戦国時代のもの。

大手曲輪第三次調査
IMG_3923.jpg
昭和58年、県道拡幅工事の時、茶畑の下から、
大手丸馬出の堀跡が出てきた。
右:薬研堀の断面図の写真

本曲輪の現在の様子
本曲輪には、ぐるっと囲んでいる土塁が残っている。
IMG_3926.jpg
右:本曲輪の東斜面

堀の深さがわかる写真
IMG_3928.jpg

本曲輪
IMG_3929.jpg
堀の深さ8m、堀の幅15m弱。
トレンチ調査
箱堀の形状。そこは7mちょっと。
二の曲輪の位置からだと10mくらいした。
堀の局面はほぼ垂直。

本曲輪
IMG_3933.jpg
左上:礎石跡。石の下には、潜らないように根固めの石として、
宝篋印塔が使われていた。
右上:柱穴の跡があった。
生活面は2面あった。
武田軍が逃げるときに火を掛けた。
土塁の下に、炭の跡、焼土痕、炭化米、被熱壁。
現在見ることのできる土塁は徳川のもの。
本曲輪は、二の曲輪よりも低い位置にある。スロープ状の道。
右下:土塁の上に建物があったようだ。

この曲輪の門礎石と塀基礎?
IMG_3934.jpg
右の黒い四角、黒と茶色の地層が交互に出てくる。
叩いている。
左の上の方:門の礎石。」

二の曲輪北馬出の整備前の様子
IMG_3935.jpg

闘いの馬出
IMG_3936.jpg
青い点線のところが土塁

二の曲輪北馬出発掘調査の様子
IMG_3937.jpg
二の曲輪北馬出周辺の整備
IMG_3939.jpg

大手北外堀と二の曲輪中馬出南端部の発掘調査の様子
IMG_3942.jpg
左:堀は、小さな箱堀。正面奥は土塁。
右:隅丸方形竪穴住居跡。番小屋か?
すり鉢、鉄製品、簡易的な武器を修理した跡

二の曲輪東内馬出しの発掘調査の様子
IMG_3943.jpg
右上:土塁の痕跡。石の列。
右下:堀の断面
IMG_3944.jpg
武田の薬研堀の痕跡と、徳川の箱堀
IMG_3945.jpg

二の曲輪南馬出の発掘調査の様子
IMG_3946.jpg
地形図によると、丸馬出だが小さい。
他の方法で防御できる?

平成27年度、二の曲輪東馬出の発掘調査の様子
IMG_3947.jpg
諏訪神社の東側。土塁は、確認されていない。
門の礎石が出てきた。石は大きい。

堀の様子
IMG_3949.jpg
薬研堀。牧の原礫層が見える。

出土品について
IMG_3950.jpg
今までの発掘調査で天箱3個分ほどの出土品が出ている。
生活の名残はない。
建物、鉄砲玉、笄(こうがい)、米、丸碗、瀬戸碗など

鉄砲玉
IMG_3951.jpg
二の曲輪南・内・東馬出
火縄銃の玉58点のうち、重ね馬出から52点出土。
この重ね馬出が、激戦区だと思われる。
山中城では、ソフトボール大の砲弾が。

発掘調査の成果(まとめ1)
IMG_3952.jpg
・どこまで改修の痕跡が見られるのか?
本曲輪 
 →焼土を挟んでの2面の生活(遺構)面
二の曲輪東内馬出
 →堀の改修痕(薬研堀から箱堀へ)
二の曲輪東馬出
 →曲輪の整地(二回)

発掘調査の結果(まとめ2)
IMG_3954.jpg
◯徳川氏時代の遺構か!?
・大規模な土塁の検出
 本曲輪、二の曲輪、二の曲輪中馬出
・馬出出入り口(虎口)で門の礎石
 本曲輪、二の曲輪、二の曲輪北馬出
 二の曲輪東馬出
・堀の形状
 箱堀→本曲輪内堀、二の曲輪中馬出
    大手北外堀、二の曲輪南馬出
 薬研堀→本曲輪北側斜面平坦地
     大手南外堀、二の曲輪東馬出
 薬研堀から箱堀へ
     二の曲輪東内馬出

今後の「諏訪原城」は?
IMG_3955.jpg
どうなる「諏訪原城」?
IMG_3957.jpg
史跡整備の様子(堀の整備)
IMG_3961.jpg
史跡整備の様子(堀)
IMG_3964.jpg
堀のマウンドが、えぐれてきてしまいそう。
法面の保護が必要。
在来種の草の種が入った「ジオファイバー」で覆う。

薬医門建設(門基礎と屋根仮組)
IMG_3965.jpg
戦国時代の城門とは?
IMG_3966.jpg
「薬医門」
門だけだと、周りから攻め入られちゃうから、
土塁や塀なども作りたいのだが…。
文化庁の許可を得て、復元修理をするので、時間がかかる。

城門の間は隙間が空いている。
槍を挿されても閉められるように。
IMG_3967.jpg
でも施工する大工さんは、現在の門と作りが違うため
難色を示した。
この事例について、広島大学の三浦先生にも来てもらって、
説明してもらい、施行された。

徳川の「藁座」が特徴。
IMG_3968.jpg
「藁座」とは、開き扉の軸を受けるため、
地覆 (じふく) や貫 (ぬき) に取り付ける金具などの部材のこと。
屋根は銅板葺き

最新情報!史跡整備事業(平成29年度)
IMG_3971.jpg
曲輪の整地。
堀切の木橋。

園路史跡整備前と園路史跡整備後
IMG_3975.jpg
右の方に土塁を積み、通路は人一人がやっとというように見せたい。

中馬出の堀から見る北馬出の門
IMG_3976.jpg

本曲輪の整備
IMG_3977.jpg
中馬出の整備
IMG_3978.jpg

入口にガイダンス施設を作る。100㎡くらい。
国の補助金が、災害支援に使われるので、予定が遅れそう。
平成36年度の予定が、平成45年度くらいになりそう。
毎年、どこかしら整備しているので、
いつでも時々見に行って欲しい。
山城入門の講座など、好評。

IMG_3979.jpg

発掘は、今後再開していく予定ではある。
史跡整備との兼ね合い。
今後も調査見学など、諏訪原状に関するお弁とは実施予定。
草刈りボランティア 11月半ばの土曜日に予定。
情報は、インターネットや新聞です。

平成21〜27年度に行われた「発掘調査報告書」は、
島田市博物館にて、販売中(1,500円)

それ以前は、「金谷町史 通史編」(平成16年度)
に書かれている。図書館などに配架されている。

諏訪原城見学の時に解説をしてもらいたい方は、
観光ボランティア制度がある。
数人集まり予約をすれば、案内してくれるそうです。
島田市観光協会へ。

萩原さん、ありがとうございました。
IMG_3980.jpg

出土したものたち。
IMG_3981.jpg

島田市博物館 9月15日(土)からの展示は、こちら。
IMG_3983.jpg
「島田の幕末維新 ー150年前の緑茶化計画ー」

お楽しみに!!
nice!(0) 

nice! 0