So-net無料ブログ作成

2018.0825(土)「明治のオルガン模型をつくろう!」に参加しました。 [藤枝市郷土博物館・文学館]

2018年8月25日(土)この日、藤枝市郷土博物館で行われた、
「明治のオルガン模型をつくろう!」というイベントに参加しました。
この前日、たまたま訪れた「藤枝市郷土博物館」で、
翌日このイベントがあることを知り、
昨年夏、実家のオルガンを壊さずに、
友人のピアニストの先生に再生していただいたことを思い出し、
どうしても作りたくなって、参加してみました。
博物館と、講師の村山靖先生の許可を得られたので、
レポートさせていただきます

見本となったのは、この明治時代に作られたというオルガンです。
IMG_4267.jpg



彫り物の装飾もある、とても素晴らしいオルガンです。
IMG_4268.jpg

現役で音も出ます。
IMG_4271.jpg

講師の村山先生は、このキットをオリジナルで作られたのだとか!
IMG_4262.jpg
このパーツを見てください!!
すごいでしょう?

まずは塗装をします。
IMG_4274.jpg
木部着色剤のステインで塗ります。
こんな感じです。
IMG_4266.jpg

塗り終えたら、組み立てです。
IMG_4280.jpg
とても細かいパーツばかりです。
IMG_4284.jpg
とても精巧にできています。
IMG_4285.jpg
大事なところは、ビス留めです。
IMG_4286.jpg
ベースは、こんな感じになります。
IMG_4287.jpg

椅子を組み立てます。
IMG_4288.jpg
足を組み立てたら、
IMG_4289.jpg
こんな風にシート部分を作ります。
IMG_4290.jpg
こうして、
IMG_4291.jpg
このように。

オルゴールを取り付けます。
IMG_4293.jpg
ぱらぽんは「夜空のムコウ」を選びました。
IMG_4297.jpg

次は、鍵盤を組み立てます。
IMG_4300.jpg

これは蓋になる部分。
IMG_4301.jpg

それぞれが、このように。
IMG_4303.jpg

本体部分に蓋もつき、
IMG_4304.jpg
前の板もつきました。
IMG_4305.jpg
こんな彫り物もついてますよ。
IMG_4306.jpg

鍵盤も取り付けて、ペダルもつきました。
IMG_4308.jpg
明治時代のオルガンとともに!
本当に精巧なキットでした!!
このキット、まだ在庫があるそうです。
作ってみたい方は、お知らせください。
村山先生をご紹介いたします。

予定の時間をオーバーして、博物館の閉館時間くらいになってしまいましたが、
この完成度に、大大満足でした。

村山先生、博物館の皆さま、ありがとうございました。

nice!(0) 

nice! 0