So-net無料ブログ作成

2018.0915(土)みちゆかし・文化No.01「神秘の発酵食」@大旅籠柏屋  レポート [みちゆかし]

2018年9月15日(土)から、いよいよ
体験交流プログラム「みちゆかし 2018」始まりました。

michiyukashi-14132252730218.jpg

「みちゆかし」というのは、藤枝市が主催するプログラムで、
「しずおか中部連携事業」として近隣の市町と連携し、
2018年9月15日(土)〜10月28日(日)の期間に、
東海道界隈をフィールドに開催する
体験交流プログラムを集めたものです。
公式サイトは、こちら
くわしくは、こちらも。

「みちゆかし2018」のスタートを切るのは、こちらです。
文化No.01「神秘の発酵食」@大旅籠柏屋
IMG_4888.jpg

こちらは「大旅籠柏屋」の中庭です。
スタッフの皆さんがスタンバイしています。
IMG_4890.jpg
いよいよ始まりますよ!

進行は、藤枝市「街道・文化課」の増田彩さん。(写真左)
IMG_4894.jpg
案内人をご紹介。右から、
「大旅籠柏屋」館長の大石佳弘さん。
海産物ふじ田」の藤田嘉士さん。
檸檬とラクダ」の兼子有希さん。
柏屋の女性スタッフが、釜炊きご飯を炊いてくださっている間に、
柏屋の主屋の見学に行きます。

館長の案内で見学します。
岡部宿は、かつては27の旅籠があったそうです。
1泊2食付きで200文、今なら5000円くらい。
平成7年に資料館となった。
IMG_4908.jpg

この人形のモデルは、弥次さん(左)と喜多さん(右)。
IMG_4915.jpg
設定は、49歳と29歳。見せの間。
年長者の弥次さんが、先に足を洗うそうな。

大戸(おおど)と蔀戸(しとみど)を説明。
IMG_4916.jpg

この階段は60度あり、体を斜めにして上がった。
当時は手すりはなかった。
IMG_4922.jpg

江戸時代の旅支度
IMG_4924.jpg
交通手段
IMG_4925.jpg

旅人が泊まる部屋の様子。
IMG_4926.jpg
食事の様子。
IMG_4927.jpg

宿場の役割
IMG_4929.jpg

IMG_4932.jpg

手作りのお人形で表現された宿場の様子
IMG_4934.jpg

長火鉢の前で、ポーズが取れます。
IMG_4936.jpg

こちらは高級武士が泊まった部屋。
IMG_4940.jpg
こちらの畳には縁(へり)がありました。
IMG_4911.jpg

御膳の見本が並べてあります。
IMG_4944.jpg
身分の高い人用のお膳です。
IMG_4943.jpg
柏屋の家紋「土佐柏」が入ってます。

ご飯が炊き上がりました。
IMG_4951.jpg
おひつに移します。

ここからは体験棟の2階に移ります。
IMG_4958.jpg
配られた資料です。
IMG_4954.jpg
IMG_4955.jpg
IMG_4956.jpg

ここからの講師は、藤田嘉士さん。
IMG_4961.jpg

藤田さんの指導のもと、出汁をとります。
IMG_4957.jpg
水を張った鍋を火にかけます。
鰹節を投入。
IMG_4965.jpg
鰹節を入れたら沸騰させない。
すぐに火を止めるくらいでいい。
いい香りがしてきました。
IMG_4968.jpg
ザルですくって漉します。
IMG_4973.jpg
美しいです。
IMG_4979.jpg
黄金の出汁が取れました。
IMG_4980.jpg
そこに味噌を溶きます。
IMG_4983.jpg
豆腐を入れます。
IMG_4991.jpg
味噌汁のできあがり。

ご飯もよそってくださいね。
IMG_4990.jpg
IMG_5008.jpg

この日のお食事です。
IMG_4995.jpg

おかずを作ってくださったのは、兼子有希さん。
IMG_5002.jpg
レシピの説明をしてくれました。
IMG_5003.jpg
発酵食のおかずです。
IMG_5005.jpg
左上から、時計回りに
・玉取茸の甘酒マヨネーズ焼き
・塩麹の栗の白和え
・いちじく
・ぬか漬け(大根・キャベツ・人参・きゅうり)
・ほととぎす漬
・豆腐のお味噌汁
・ご飯
・本枯節の鰹節をご飯にトッピング!
IMG_4996.jpg

主屋の2階に展示してある資料に、大阪の豪商「桝屋平右衛門」が
文化10年(1813)、伏見宿より江戸まで旅した13日間に
泊まった旅籠でのメニューを記録した「仙台下向日記」があります。
IMG_5017.jpg
岡部宿で食べた夕食は、こちら。
IMG_5018.jpg
翌日の朝食は、こちら。
IMG_5019.jpg

食後には、増田彩さんが、藤枝宿について説明をしてくれました。
IMG_5012.jpg
IMG_5013.jpg
この日いただいたお土産です。
IMG_5015.jpg

午後からは、旧東海道を町歩きします。
IMG_5028.jpg
観光ボランティアの大島さんです。
IMG_5030.jpg
本陣の前に掲示した「関札」。
IMG_5031.jpg
本陣跡が公園になっています。
IMG_5032.jpg
旧東海道です。
IMG_5034.jpg
歩いて行きましょう!
IMG_5035.jpg
小野小町が京から下がり、故郷の秋田に向かう途中でここを通り、
この橋の上で、水面に映った自身の顔を見て嘆いたという伝説のある
「姿見の橋」です。
IMG_5036.jpg
天然痘にかかっていたのだそうです。
IMG_5039.jpg

こちらは、某有名なサッカー選手のご実家です。
IMG_5041.jpg
街道にふさわしい佇まいです。

「サッカーロードおかべ」の活動をしている方のお宅です。
IMG_5044.jpg

「枡形」跡がある交差点です。
IMG_5046.jpg

この後は、「かど万米店」での講座です。
IMG_5048.jpg
準備万端のご様子です。
「塩麹」「醤油麹」の作り方教室です。
IMG_5049.jpg
講師は、「かど万米店」四代目「増田万寿夫」さんと女将さん。
IMG_5050.jpg
わかりやすく解説してくださいます。
IMG_5055.jpg
こちらがレシピです。
IMG_5059.jpg
これが「麹」
IMG_5061.jpg
袋の上から、ほぐして、ポロポロにします。
IMG_5062.jpg
「塩」と「麹」です。
IMG_5063.jpg
まず、塩を容器に入れます。
IMG_5064.jpg
分量の水を入れて、サジでかき混ぜます。
IMG_5067.jpg
そこに「麹」も入れてかき混ぜます。
IMG_5068.jpg
これでできあがり。
IMG_5069.jpg
富士市から来てくれた「たいちゃん」も参加してくれました。
IMG_5071.jpg
たいちゃんは「醤油麹」をチョイス!
IMG_5074.jpg
並べて見ました。

これは、増田先生の作品。
IMG_5076.jpg

それでは、試食タイムです。
IMG_5077.jpg
これは麹を使った甘酒。
「塩麹」「醤油麹」を使ったメニューの例です。
IMG_5081.jpg
こちらは、甘酒を凍らせただけのシャーベット!
IMG_5082.jpg
どれも大変美味しかったです。
それぞれがかき混ぜた「塩麹」「醤油麹」をお土産にもらって帰りました。

実に盛り沢山なプログラムでした。
ごちそうさまでした!
関係者の皆さん、ありがとうございました。
nice!(0) 

nice! 0