So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

2018.0929(土)「みちゆかし」No.07「戦国山城入門 Ⅰ 諏訪原城編」に行ってきました。 [みちゆかし]

2018年9月29日(土)JR金谷駅 9:00集合
「みちゆかし」No.07「戦国山城入門 Ⅰ 諏訪原城編」
に参加してきました。

IMG_5727.jpg

台風24号が近づくこの日、あいにくのお天気ではありましたが、
かろうじて開催しましたが、後半は参加者の安全のため、
予定を変更しました。集合、受付、点呼をしています。
IMG_5728.jpg
このプログラムは、基本徒歩移動です。
皆さん、山歩き、城歩きに慣れていらっしゃるご様子。
準備万端です。

金谷駅の脇道から、石畳を目指します。
IMG_5737.jpg
このロープレ風アングルが好きです。

「旧東海道石畳」に向かいます。
IMG_5741.jpg
こちらが石畳です。
IMG_5745.jpg
IMG_5747.jpg
「鶏頭塚」
IMG_5766.jpg
江戸時代の俳人「巴静」の句碑があるそうです。
(って、その写真がないっ!汗っ!!)

その奥にある、庚申堂。
IMG_5759.jpg
この裏で、大盗賊「日本左衛門」が
夜働きの黒装束を着替えたところだとか?

「庚申塔三猿」
IMG_5765.jpg
「好き事は大いに広め 
 悪しきをば 見ざる 聞かざる 言わざるが良し」
肝に銘じよう。

「仁誉地蔵尊」
IMG_5750.jpg

こちらが、受験期にはおなじみの「すべらず地蔵尊」
IMG_5770.jpg
全国からお参りに来られるそうです。
IMG_5768.jpg
皆さんの願いです。
IMG_5772.jpg
この日は、濡れた石と苔で、この石畳が滑る滑る。
なので、ぱらぽんが転びませんようにと、お参りしました。
めちゃ緊張して、筋肉痛になったのは内緒です。

天皇が行幸された記念碑。
IMG_5777.jpg

その近くに「芭蕉の句碑」
IMG_5781.jpg
この句碑に使われた石が、この地で採れた「菊石」。
丸くて、菊の花のように見える模様や日々があるのだとか。
この大きさのものは、珍しいそうです。
IMG_5779.jpg

「諏訪原城跡」駐車場に着きました。
IMG_5795.jpg
ただ今、こちらでは「諏訪原城」ガイダンス施設を建設中!
こちらが完成予想図です。
IMG_5793.jpg
ですので、駐車場は、台数が限られますが、
東に約250mのところにも、駐車場があります。
IMG_5801.jpg
この日はこんな様子でした。
IMG_5803.jpg
台風前なので、対策が大変だったかも。

学芸員の萩原さんが、発掘調査で出土した品々の一部を
見せてくれました。
IMG_5798.jpg
笄(こうがい)、素焼きの器、天目茶碗のかけら。

さあ、いよいよ、「国指定史跡 諏訪原城跡」の見学です。
入り口のところに、案内パンフレットと
「続日本100名城」と「わくわくはっけん!」の
スタンプが設置されています。
IMG_5809.jpg
案内看板があります。
IMG_5804.jpg

この辺りは、「大手南外堀」です。
IMG_5807.jpg
IMG_5808.jpg

IMG_5810.jpg
「大手南外堀」の解説です。
IMG_5811.jpg
今は、土が溜まっていますが、
発掘した時は2mくらいの深さの「箱堀」であることがわかったそうです。

「大手曲輪」を望む。
IMG_5812.jpg

IMG_5814.jpg
「外堀」に沿って歩きます。
IMG_5815.jpg
これは深い!
対岸(?)に「諏訪神社」が見えます。
IMG_5816.jpg
こちらは、後でね!

「大手曲輪」です。
IMG_5821.jpg

「大手北外堀」です。
IMG_5822.jpg

IMG_5834.jpg
「諏訪原城跡」の解説文
IMG_5830.jpg
広島市立中央図書館蔵の「浅野文庫諸国古城之図」にも
「遠江諏訪原」という記録があるそうです(右下)。
IMG_5829.jpg

春風亭昇太さんも「こちらに来るたびに撮影してしまう」
と言っていた丸馬出し。
IMG_5831.jpg
巨大で、
IMG_5835.jpg
深いです。堀底まで8mもあるそうです。
現在は3m弱、土で埋まってしまっているそうなので、
当時の深さだと11mくらいの深さですって。
さらに堀の横には、土塁も積まれていたので、
底から土塁の上までだと、相当な落差だったことがうかがわれます。

IMG_5837.jpg
前日、草刈りをしてくれたそうで、見やすくなっていました。
地元の皆さん、ありがとうございます!
アングル内に人が入ると、どれくらい深いのか、わかりますね。
IMG_5839.jpg

こちらから左手が「惣曲輪」。
IMG_5832.jpg

木の橋になっていることろは、堀切の橋。
IMG_5841.jpg
V字型の堀切。

V字の薬研堀。
IMG_5844.jpg
右側のところが90度の枡形で、横矢掛かりになっているそうな。
IMG_5848.jpg
正面から来る敵を討つ。
IMG_5850.jpg

昨年行われた、小学生向の歴史講座では、
ここから、大井川対岸の「島田市博物館」との間で
狼煙(のろし)の実験をしたそうです。
大人にはよくわからなかったようですが、
小学生たちには見えたらしいです。

こちらが「二の曲輪北馬出」。
IMG_5851.jpg

この土橋を進む時は1列にならざるを得ず、
左の対岸から狙われるわけです。
IMG_5854.jpg
さらにこの橋は、土橋ではなく「木橋」だったので、
落とされれば渡れない。
IMG_5855.jpg

「二の曲輪」に向かいます。
IMG_5858.jpg

この通路の左右には、土塁があります。
IMG_5863.jpg

本曲輪に向かうには、土橋を渡ります。
IMG_5866.jpg
夏の城攻めツアーの時に敷いてくれた木片チップが、
いい感じになっていました。
ぬかるまず歩きやすいです。
IMG_5869.jpg

「本曲輪虎口」
IMG_5871.jpg
「本曲輪」解説文です。
IMG_5874.jpg
IMG_5875.jpg
IMG_5877.jpg
IMG_5879.jpg
IMG_5881.jpg
本曲輪の外周は、垂直の崖のため、
こちらから敵が来ることは想定してはいなかった。
IMG_5882.jpg
後ろ堅固な城だった。
ここから見下ろすと、こんな感じ。
IMG_5885.jpg
金谷駅が見えます。
IMG_5886.jpg
大井川の対岸も見えます。
IMG_5887.jpg
天気が良ければ、はるか伊豆半島まで見えるとか。
ここも、昨日草刈りをしてくださったそうで、
崖の急な様子がわかるようになっていました。
IMG_5889.jpg
感謝!

IMG_5892.jpg
本曲輪の外周を回って、カンカン井戸の方に向かいます。
IMG_5894.jpg
急な細い道を下りて堀底に着きました。
IMG_5897.jpg
カンカン井戸です。
IMG_5902.jpg

また上がってきて、先ほどの二の曲輪の南側に出ました。
IMG_5906.jpg

古い石碑があります。
IMG_5911.jpg
この辺で、前回は、この地の主・カモシカさんに出会いました。

これから二の曲輪の東側の馬出が3つ重なっているところを見ます。
IMG_5912.jpg
「二の曲輪東内馬出」
IMG_5913.jpg
「二の曲輪東馬出」
IMG_5919.jpg
もう一つ「二の曲輪南馬出」があります。

こちらは門の礎石があった目印。
IMG_5921.jpg
ロープの先には、下に降りる道がありました。
もう一つの水脈と、カンカン井戸の方に繋がる道です。
IMG_5923.jpg
現在は、整備がされてないので、降りると危険なため
通行止になっています。
「諏訪神社」に向かいます。
IMG_5931.jpg
IMG_5933.jpg
以前の「諏訪原城跡」の看板です。
IMG_5934.jpg
「諏訪神社」です。安産祈願ができるようです。
IMG_5941.jpg
武田家ゆかりの武田菱の家紋があります。
これは近くにあったゆかりの寺が廃寺になってしまい、
台風で壊れたそのお寺から、地元の方が外しておいた瓦を
こちらに使ったのだそうです。
IMG_5937.jpg
IMG_5938.jpg
IMG_5939.jpg

予定ではこの後、「茶の都ミュージアム」まで
歩くことになっていたのですが、
雨がひどくなる予報も出ていたので、こちらでプログラムは終了、
金谷駅まで戻る事になりました。
IMG_5946.jpg
希望された方は、途中離脱で「茶の都ミュージアム」に行かれました。
茶畑が続く道を歩きました。
これが「惣曲輪」の外側から望む「諏訪原城」です。
IMG_5947.jpg

途中、別ルートの入り口を見つけました。
IMG_5950.jpg
この山道から分入るのはちょっと勇気がいります。

金谷駅が見えてきました。
IMG_5954.jpg
朝作業をしていた草刈り隊のおかげで、
駅への側道はすっきりしていました。
金谷駅にて、終わりのご挨拶。
IMG_5955.jpg
資料とアンケートが配られ、解散しました。
集合写真を撮り忘れました!
雨の中の山城攻めは、なかなか大変でしたが、
季節が変わるごとに訪れてみると、新発見があるようです。

2018年春、徳川家康公と攻めた時は、こちら
夏、城廓研究家加藤博文先生と攻めた時は、こちら
今回秋は、「みちゆかし」にて、島田市教育委員会文化財係、
IMG_5778.jpg
萩原佳保里学芸員と攻めました。
8月に「島田市博物館」にて行われた、萩原さんの「博物館講座」
「諏訪原城 〜発掘調査の成果と史跡整備の現状〜」の様子は、こちらです。

萩原さん、「みちゆかし」の担当さん、
ありがとうございました。


nice!(0) 

nice! 0