So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

2018.1002(火)「みちゆかし」No.06「戦国武将!岡部氏の功績を辿る」に参加してきました。 [みちゆかし]

2018年10月2日(火)9:00〜
「みちゆかし」No.06「戦国武将!岡部氏の功績を辿る」
に参加してきました。

集合場所は、大旅籠柏屋です。
IMG_6017.jpg
まずは、体験棟の2階にて、概略を説明。
藤枝市街道・文化課の小林さんのご挨拶。
そして、この日の案内人「岡部町観光ボランティアの会」
高田さんから、「岡部氏」について説明を受けます。


「岡部氏」に関する資料です。
IMG_6012.jpg

この日の移動には、藤枝市のバスが用意されていました。
IMG_6023.jpg
みんなで乗り込み、満員御礼です!

まず立ち寄ったのがこちら。
IMG_6035.jpg
「岡部氏」の居館跡です。
IMG_6030.jpg
図の右下の「地の神様・おしゃもっつぁん」がこちら。
IMG_6026.jpg
この木のこんもりしているのが「地の神様・おしゃもっつぁん」
だそうです。

こちらが岡部氏氏寺「万福寺」廃寺跡。
天台宗のお寺だったそうです。
IMG_6045.jpg
鎌倉時代に時宗に改宗し、「万福寺」と号した。
こちらが本尊「阿弥陀如来坐像」の写真がこちら。
IMG_6042.jpg
後に焼津市の海蔵寺に移され、その後岡部氏の子孫により、
大阪府岸和田市へ移され、現在は岸和田教育委員会にて所蔵、
大阪府指定文化財になっているそうです。

この奥に見える看板が、こちら「内宮権現社」跡。
IMG_6044.jpg
万福寺の南側にあったと言われ、納められていた「狛犬」が
岡部氏の「狼伝説」と結びつき、「狼権現」と呼ばれたらしい。
IMG_6043.jpg
ご神体は瀬戸産の陶製の狛犬で、
明治時代に社が五社神社に移転された際に、
焼津市の「海蔵寺」に移され、
現在は、東京国立博物館に保管されているそうです。

さらに進みます。
IMG_6046.jpg
このあたりに「岡部氏」の館があったようです。
IMG_6047.jpg
たわわに実った田んぼの横を、
IMG_6050.jpg
歩いていきます。
IMG_6052.jpg
この先にあるのは、
IMG_6054.jpg
読めるかな?
←50mを登る「岡部氏一族の墓」
IMG_6055.jpg
「岡部氏一族の墓」この先です。
IMG_6058.jpg
こちらです。
IMG_6064.jpg
岡部氏の祖から何代かが、ここに眠っているそうです。
この案内によると、(引用します)
 岡部氏の祖「藤原清綱」は、京より駿河の国に権守として赴任してきた。
新城が過ぎても京に帰らず、この地で帯刀してとどまる。
清綱は、南家出身なので、良い職につくあてもないことがわかっていて、
この地に住むことを決める。
 そこで権守の時、得たかもしれない伊勢内宮の御厨の職を
この地でやることになった。(岡部御厨)
 平家が栄華を極めた時、伊豆において源頼朝が挙兵したのが、
岡部氏がこの地に来た時であろう。清綱は頼朝の配下になあり、
清綱の子・泰綱の時、藤原を改め岡部とし、
鎌倉幕府において御家人となる。
その後代々この地に住み、地域の人たちを巻き込み、
鎌倉幕府・今川氏と緊密な関係になった。
ここのお墓は、鎌倉時代から今川氏に加担した頃までのものと推察されます。
したがって(1150〜1520)頃の岡部氏の人たちが
ここに眠っているものと思われます。
岡部市の墓の壇下には、万福寺の僧侶の墓もいくつか見られる。
(仮宿歴史研究会)

IMG_6071.jpg
ちょっと崩れちゃっていますね。

その後で向かったのは、こちら。
IMG_6076.jpg
藤枝市指定文化財「朝日山城跡」の駐車場です。
案内看板があります。
IMG_6087.jpg
観光スポットも紹介されています。
IMG_6086.jpg
①市指定有形文化財「長屋門」と
②国指定有形文化財「大旅籠柏屋」歴史資料館

こちらが、「朝日山城跡」の解説図。
IMG_6089.jpg
江戸時代に編纂された地誌「駿河記」には、
岡部氏の城と記されているそう。
潮山支峰の牛伏山(標高110.9m)山頂部に築城された
連郭式山城だそうで、市指定史跡。
この「朝日稲荷神社」の奥がそうですが、
この日は台風後で足場が悪いので、上まではいかないことに。
IMG_6096.jpg

次にバスで移動して、次に向かうのがこちら。
IMG_6098.jpg
道の左手に見えてきたのが、
IMG_6101.jpg
「鴫谷家」の「長屋門」で、市指定文化財です。
IMG_6102.jpg
安政5年(1858)建造の建物で、木造平屋建・寄棟造・茅葺です。
床・押入れ付きの和室と、土間づくりの倉庫があるそうです。

IMG_6103.jpg
IMG_6107.jpg
「常願寺」のカヤの木です。
IMG_6109.jpg
市指定の天然記念物です。

新東名、岡部中学校が見えます。
IMG_6113.jpg

さらに登っていくと「萬松院」があります。
IMG_6118.jpg
IMG_6120.jpg
IMG_6123.jpg
IMG_6125.jpg
IMG_6126.jpg
IMG_6128.jpg
IMG_6129.jpg
IMG_6130.jpg

この日は、特別に公開されていたのが、こちら。
岡部氏の位牌です。
IMG_6135.jpg
右から、
岡部氏第十四代「岡部美濃守常慶信綱」
「萬松院殿賀雲常慶大居士」

岡部出羽守(萬松院を開いた施主:萬松院開基)
「天桂芳祐大禅定門」

岡部氏第十五代「岡部次郎門正綱公」
「吸江院殿好雪道庵大居士」
岡部氏第十六代「岡部内膳正長盛公」
「雄心院全室久要大居士」
岡部氏第十七代「岡部美濃守宣勝公」
「泉光院殿鐡外可堅大居士」
岡部氏第十八代「岡部内膳正行隆公」
「最乗院殿仁叟紹惠大居士」

そして、達磨大師。
IMG_6137.jpg
三つの禅宗「黄檗宗」「臨済宗」「曹洞宗」では、
10月5日の達磨さんの立ち日のために、
達磨さんの坐像を出しているので、特別に見せてもらえました。
IMG_6140.jpg
まだ、手も足もあるみたい(?)でしょうか。

こちらは、「聖観世音菩薩」と
IMG_6143.jpg
左右の扉に書かれているのが、
左「地蔵菩薩」、道は「不動明王」です。
IMG_6144.jpg

こちらは「大現修理菩薩」。
IMG_6148.jpg
修復できたばかりだそうで美しいです。
IMG_6147.jpg

こちらは、「岡部氏」の家紋「三つ巴」。
IMG_6156.jpg
IMG_6158.jpg
こちらが「岡部氏の墓」です。
IMG_6159.jpg
土塀をめぐらした墓行きの中に、宝篋印塔2基、五輪の塔1基があり、
宝篋印塔は、岡部氏第十四代「岡部美濃守常慶信綱」と「岡部出羽守」、
五輪の塔は、常慶の子・岡部氏第十五代「岡部次郎門正綱公」の墓と
伝えられているそうです。
IMG_6155.jpg
趣があります。後ろ側から見ると、こんな感じ。
IMG_6164.jpg

次に移動して、行ったところは、「若宮八幡宮」
IMG_6167.jpg
延喜8年(908)、京都石清水八幡宮より勧請したとされる。
貞享3年(1868)、岡部長敬によって本殿を造営される。
近隣7郷(岡部本村、内谷、仮宿、横内、高田、村良、兎島)の
鎮護の神として里人に崇敬されたそうです。
IMG_6169.jpg
IMG_6171.jpg
IMG_6172.jpg
IMG_6175.jpg
手前の鳥居は、注連柱(しめばしら)というそうです。
IMG_6177.jpg
IMG_6178.jpg
この「若宮八幡宮」で3年に1度行われる神事「神ころばし」と
「七十五膳」お話を聞きました。市指定の文化財です。
これらの神事は、伊勢神宮への供物を納める時に、
若宮八幡宮に仮納めした様子を伝えているとも考えられ、
岡部氏が伊勢神宮領である岡部御厨の経営に関わっていたことに
由来するのではないかとも考えられているとか。

無事に「大旅籠柏屋」まで戻ってきました。
IMG_6180.jpg
アンケートを記入して提出しました。
今回のツアーは、今までガイドブックで見たり、
お話で聴いていたことがあった場所だったのですが、
まだ行ったことがなかったところばかりだったので、
とても勉強になりました。
台風の後で、立ち入れないところもありましたが、
大体の場所がわかったので、また訪ねることができます。

解散後は、「和食処一祥庵」で「小エビ天そば」を食べました。
IMG_6181.jpg

皆さま、ありがとうございました。
nice!(1) 

nice! 1