So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

2018.1014(日)「オルガン模型(オルゴール)工作会」に参加しました。 [ものづくりびと]

2018年10月14日(日)13:00〜15:00
藤枝市五十海(いかるみ)の「藤枝地区交流センター」で行われた
「オルガン模型(オルゴール)工作会」に参加しました。

IMG_6616.jpg

実は、ぱらぽん3回目です。
1回目は、8月25日に藤枝市郷土博物館で行われた講座で、
その様子は、こちら
2回目は、9月9日に行われた「オルガン模型(オルゴール)工作会」で、
その様子は、こちら
この時のオルガンは、こちらにお嫁に行きました。

今回もダイジェストで工程をご紹介しますね。

村山先生が作られたキットです。
IMG_6592.jpg

ステイン塗料で着色します。
IMG_6594.jpg

大事なところを組み立てます。
IMG_6595.jpg
IMG_6596.jpg
IMG_6597.jpg

オルゴールを納めたところ。
IMG_6609.jpg

このあとアクシデントがあったのですが、
今回も先生のお陰で、なんとか無事に完成しました。
IMG_6610.jpg
やりきった感がありますね。
とても精巧なキットなだけに、なんとなくでは作れない。
でも、ネジがぴったり入り、しっかり閉められたりすると、
その快感がたまりません。
作る工程のアイディアにも感心することしきりで、
皆さん、作りながら、「感動した〜」を連発。
白鍵と黒鍵の鍵盤が所定の位置に納まると、
「魂が入った感じ……!」
4時間しっかり掛かったのですが、
皆さま、充実の満足感!
「またやりたい!」「次のキットは何ですか?」
村山先生、お忙しくなりますね。

皆さま、充実・満足の記念写真!
IMG_6614.jpg

ぱらぽんの希望は、こんなに素敵な模型作品を、
企画制作できる方が藤枝市にいらっしゃるのですから、
「ものづくり」の楽しみを多くの人に知ってもらいたい。
ただ、博物館・公民館の講座の場合は制約があるかもですが、
ここまで開発するオリジナル性や手間暇、労力を考えて、
それなりな適正価格で販売できるようになってもらいたい。
そのための応援をしていきたいと思います。
一応博物館講座のために作ったキットは、
このモニター工作会で完売したそうです。
3回の講座で、参加者が作る様子を見て、
先生がいろいろ改良ポイントを発見したそうです。
なので、次のロットは、より作りやすくなっているそうです。
また、いろいろなところで工作会をやってもらえそうです。
来年の「藤枝おんぱく2019」にも、お誘いしています。
「ものづくり」のプログラムが増えたらいいなと思います。
また、次回の工作会が決まりましたら、お知らせいたしますね。
nice!(1) 

nice! 1