So-net無料ブログ作成

2019.0102(火)映画『Eric Clapton: Life in 12 Bars』を観ました。 [映画館へ行こう!]

2019年、まず観たかった作品は、こちら。

e8f5f0157e40893a.jpg

ギターの神様「エリック・クラプトン」の『Eric Clapton: Life in 12 Bars』このところ、「ボヘミアン・ラプソディ」といい、
「アリー スター誕生」といい、音楽映画が多いですね。
今回のクラプトンのこの作品は、ドキュメンタリー映画です。
この後は、「ホイットトニー・ヒューストン」が待っています。

「エリック・クラプトン」の出自から、有名になり、
その後の現在までが描かれています。

私は、そんなに詳しくないので、
クラプトンがどんな人だったのか?
どんな曲を書いていたのか?
いくつか聞く有名なエピソードは、どんなことだったのか?
などなど、勉強するつもりで見せてもらいました。

すごいなあと思ったのは、幼少の頃からの
写真や動画が揃っているということ。
色々なアーティストが出てきます。
素晴らしい楽曲たちも。

夫が好きだった「エリック・クラプトン」。
その人生を少し知ることができました。
その意味がわかっての「Tears in Heaven」、泣けました。

母親の愛を求めて止まなかった彼が、
最終的には、愛すべき家族を得られて、よかったなあと思いました。
才能やチャンスがあって、名声を得られても、
それだけでは幸せになれない。
やはり、心の居場所があること。

今年は、居場所を作りたいと思います。
課題曲が1曲増えたかもしれません。

nice!(0) 

nice! 0