So-net無料ブログ作成

2019.0406(土)企画展「昭和レトロ家電展」@藤枝市郷土博物館 ギャラリー散歩 vol.256 [ギャラリー散歩]

2019年4月6日(土)9:00〜
藤枝市郷土博物館の企画展「昭和レトロ家電展」が始まりました。

56481828_1528246777310298_5833906927729377280_n.jpg

初日は、この展示に家電を貸してくださった昭和家電コレクターで、
三重県伊賀市にある「昭和ハウス」館長の「冨永潤」さんが、
ガイドツアーもしてくれました。
56521547_1528644943937148_363580968860123136_n.jpg

この「ミゼット」どこから入れたと思います?
56645013_1528246857310290_2450516895225348096_n.jpg
考えていると眠れなくなっちゃいます〜。
(これは昭和的フレーズ!わかるかしら?)
ちゃんとナンバーがついているそうです。

遊具は、15〜16台お持ちだそうです。
その中でも選りすぐりの3台が来ています。
56242524_1528376247297351_5279662228771962880_n.jpg
これ、実際に動くそうです。お子さんに限りますけれど。
五十円玉を持って行きましょう!

自動販売機もいろいろ来てました。
タバコだけじゃなく、おもちゃのや、メダル刻印機など。
昭和40〜50年代の食品の自動販売機も。
それらは、コンビニの出現によって姿を消したとか。
うん、確かにそうだ!

昭和の茶の間が再現されています。
56764441_1528246793976963_3225895561739632640_n.jpg
懐かしくて「これ、うちにあった!」と言いたくなっちゃう!
実はこのコーナー、映画「オールウェイズ 三丁目の夕日」のスタッフさんが、
わざわざ東京から来て、セットしてくださったそうです。
なので、ただ置いただけでなく、細かく仕掛けがしてあって、
生活感が溢れるようになっています。

その「三丁目の夕日」に登場して、みんなでプロレス観戦したテレビも、
いらしてます!まさに昭和33年生まれのテレビです。
そうそう、冨永さんといえば、2019年3月12日放送の
テレビ番組「マツコの知らない世界」に出ていらしたんです。

そこで紹介されていた、光リモコンや、
ワイヤードリモコンのテレビをはじめとして、
「サンヨー」の超音波をキャッチしてチャンネルを替えるズバコンなども。
昭和47年に「ナショナル」が赤外線リモコンを出して、
それが、現在のリモコンのスタートになっているとか。
「サンヨー」ありましたよね〜。
「サンヨー」と言えば、思い出すのが「ジャングル大帝」!
のちに「松下電器」に吸収されましたが。
「ナショナル」は「松下電器」のことで、
のちに「パナソニック」になります。

56527812_1528644950603814_6299363850835722240_n.jpg

昭和35年に発売された日本初のカラーテレビもありました。
1台が今なら、800〜1000万円くらいの値ごろ感だろうと。
当時そんなものを買える人はそうそういないので、あまり普及はしなかったと。
ぱらぽんが小学生の頃、近所に電気屋さんの同級生がいたので、
時々遊びに行っては、「ひょっこりひょうたん島」を
カラーテレビで見せてもらってました。
その頃のテレビ番組では、カラー放送だと画面の隅に
「カラー」と表示が出ていて、白黒テレビでその文字を見ると
なんか、憎たらしく思ってました(笑)。

そして冷蔵庫。
昭和30〜40年代は、上の扉に氷を入れて、
その冷気で冷やすものでした。
その後、電気冷蔵庫が生まれて、
昭和33年製になると、お店用の冷蔵庫として、
ガラス窓がついて、中が見えるものが生まれたそう。

洗濯機は、昭和27〜29年ごろは、撹拌式で円筒形。
左右半回転することで抵抗が起き、その振動で布の汚れを洗っていました。
昭和28年の「サンヨー」製は噴流式で、洗濯槽を四角にしたので、
それだけで抵抗が起きるため、一方方向に回るシステムなのだとか。
脱水機ができる前は、手回しのローラーがついたもので、
これ、懐かしいです。
とあるドラマ用に改造した洗濯機も来ています。
昭和35年に遠心力を使った脱水機が登場。
そこから二層式の洗濯機が誕生。
その後、全自動洗濯機も生まれて、
どちらを選ぶかは、ご家庭のニーズによって洗濯、
いや選択が分かれましたね。
今や、斜めドラムで乾燥機もついていますね。
二層式もまだあるのかなあ?

昭和40〜50年代のキッチングッズは花柄が主流。
56319157_1528645003937142_1226676272151658496_n.jpg
その花柄が、リアルなものから、デザインされたものへと変わりました。

照明器具もさまざま。
最近、名古屋の寮を解体すると聞き、そこで手に入れた照明も、
ちょうどタイミングが良かったので、すぐに持って来たそうです。
冨永さんは、映画やテレビドラマの撮影するときに、
昭和家電などを貸し出す仕事をしているので、
解体されると聞けば、出向くのだそうです。

ガス器具も集めていて、昭和40〜50年。
給湯器、ガス湯沸かし器、ガスコンロ、グリルだけのもの。
これらはほとんど新古品。

最後は、珍品コーナーです。
こんなものあったの?というようなものたちが並びます。
こちらは、2つの機能が一緒になったもの。
これも一つのコラボ商品か?
56462407_1528376747297301_1759715390423826432_n.jpg
他にも、電気お弁当箱、ゆで卵器、電気やかん、
赤ちゃんのオムツが濡れたら教えてくれるという「ヘルスベビー」とか、
分割鍋は炊飯器で、ご飯とお味噌汁とおかずが一度に作れるというもの。

ポータブル洗濯機、携帯用 FAX、テレビ電話など、
便利なのかそうでもないのかわからないものも…。
便利を追求していき、アイディアを出し尽くした時に
生まれるものが面白い?とか。
くわしくは、展示を見てください。

今回は、トラック3台で運んできたそうです。
いつもなら貸し出しは断っているような貴重なものも、
今回は、藤枝市に特別に貸してくださったそうです。
なので、皆さん、ぜひとも見にきてくださいね〜。
今回の展示は、昭和時代の方と一緒に行かれるのをお勧めします。
同世代の人と行くのもいいですが、
おじいちゃんおばあちゃんたちと親子三代で一緒に行って、
いろいろな話を聞きながら、見るのがいいと思います。
実際にものを見ると、連想して当時のいろいろなことが思い出されます。
おじいちゃん、おばあちゃんの脳が、活発になれそうな気がします。

チラシは、こちら。
昭和レトロ1.png
イベントも盛りだくさんです。
昭和レトロ2.png

昭和ハウスのFacebookページは、こちら
昭和ハウスのHPは、こちら
nice!(0) 

nice! 0