So-net無料ブログ作成

「藤枝おんぱく2019」No.49「ヴァイオリンと仲良くなれる一日」誕生秘話! [SACLABO&藤枝おんぱく]

「藤枝おんぱく2019」No.49「プレミアムラウンジ 奏で」コラボ企画
「ヴァイオリンと仲良くなれる一日」は、
2019年は、5月31日(金)13:00〜20:00
藤枝市岡出山の「藤枝市民会館」にて行われます。

チラシはこちら。
チラシ2109.png
そもそも、このプログラムの始まりは、およそ1年前。
「藤枝市内にバイオリンの工房ができたんですよ!」
と友人に教えられて、ピアニストの岐部昭子先生と訪問したのが始まり。

岐部先生は、娘さんが使っていたヴァイオリンの
弓の毛替えをしてもらいたいから、工房を訪ねるとおっしゃったので、
その時に、ぱらぽんも同行させてもらいました。

IMG_9140.jpg
岐部先生(写真:左)と、楽器の状態を見る職人さん。

「くの弦楽器工房」の「久野文彰」さんです。
久野さん.jpg

スタジオジブリの作品「耳をすませば」をご存知ですか?
ヴァイオリン職人になることを夢見る少年が出てきますが、
その作品に出て来るような工房を、実際に見られてうれしかったです。
部屋には、修理途中のヴァイオリンや、
ヴァイオリン.jpg
工具類、ノミや、
のみ.jpg
ヤスリなど。
やすり.jpg
さらに、制作途中のバイオリンも。
IMG_9298.jpg
ヘッドの部分もこのように削っていくんですね?
IMG_9292.jpg
ワクワクしました。

いろいろなお話をして、取材させてもらえることとなり、
「リビング静岡」の「こんにちは」で紹介させてもらいました。
その記事は、こちらで。

ちょうどその頃「藤枝おんぱく2018」をやっているところだったので、
そのお話もして「来年何かやってみませんか?」とお誘いしました。

なかなか、一般の方でヴァイオリンに馴染みがある方は、
そんなに多くはないと思われたので、素人の素朴な疑問ですが、
「ヴァイオリンはどうやって作るのかしら?」
「ヴァイオリンの中は、どうなっているの?」
など、教えてもらえるプログラムは面白そうと思いました。

久野さんも、多くの人に弦楽器について、親しみを持ってもらい、
ヴァイオリンを習っている子どもさんがいたら、
正しい扱い方や、気をつけてほしいことなどを
直接話すことができたらいいなあ、などと話してくれました。
岐部先生もご一緒に、協力してくださるということで、
プログラムがスタートしました。

会場は、どんなところがいいか?
何をどんな風にやったらいいか?
検討するうちに「藤枝市民会館」に相談!
「藤枝市民会館のロビーでやったら?」という提案を受けて、
打ち合わせをしました。

そこで、藤枝市民会館の自主事業「プレミアムラウンジ 奏で」という、
企画とコラボしてやらせてもらえることになり、
このプログラムが実現しました。

当日は、午前中に準備をして、午後から、
●13:00~20:00
弦楽器工房の様子が垣間見られるようなコーナーを作り、
 見学できるようにする。(見学無料)

●ヴァイオリンにちなんだ工作のワークショップをする。
 13:00〜 15:00〜 (要予約・有料:500円)

●ヴァイオリンを持っている人が、自分で調整などができるように、
 メンテナンス講習会を開く。
 14:00〜 16:00〜 (要予約・有料:500円)

○18:30〜
 「ヴァイオリンがどのようにできあがるのか?」説明する講座。
 できたばかりの楽器と、初心者用の楽器、プロが使う楽器を
 弾き比べて、音色を知る。(入場無料)

○19:00〜
 「樽井直美」さんによるミニコンサート(入場無料)
樽井さん.jpg
  (ピアノ伴奏:「岐部昭子」さん)
昭子画像.JPG

藤枝市民会館「プレミアムラウンジ 奏で」コラボ企画
「藤枝おんぱく2019」No.49「ヴァイオリンと仲良くなれる一日」
2019年は、5月31日(金)13:00〜20:00
お問い合わせ:「藤枝市民会館」(藤枝市岡出山1-11-1)
TEL 054-643-3931
nice!(0) 

nice! 0