So-net無料ブログ作成

2019.0420(土)《記録》「ぱらぽんが見た! 藤枝おんぱく展」【その1】搬入と開幕 [SACLABO&藤枝おんぱく]

2019年4月20日(土)藤枝市岡部町の「大旅籠柏屋」内の
「ギャラリーなまこ壁」です。

57569373_1539329496202026_6761655387339882496_n.jpg

前日の19日の夕方、
この前に展示されていた方々の撤収時間が早かったので、
主な展示物の搬入はさせていただけて、助かりました。
午前中が勝負です。
この日、強力な助っ人が2人、テキパキと手伝ってくれて、
なんとか間に合いました。
あとは少しずつ、調整していく予定。

看板のタイトルは、土狸庵先生が書いてくださいました。
59698161_1373995236086769_5091940800380534784_n.jpg
57449571_1539329549535354_1574198031874523136_n.jpg

まずは、こちら。
「藤枝おんぱく2015」のポスターです。
57303252_1539329702868672_6980495103626313728_n.jpg
この年に「村松八百蔵商店」で行われた「おんぱくギャラリー」で
展示された写真が事務局に保存されていました。
2015年の「おんぱくギャラリー」の様子は、こちら
その写真を預かって展示したのがこちらです。
パンフレットのプログラムを切り貼りして、
ジャンルごとに整理しました。
58462902_1539329729535336_3299932693319385088_n.jpg
57484499_1539329742868668_2924110771312918528_n.jpg
57644630_1539329766201999_1966056996692033536_n.jpg
全てのプログラムでなくて、すみません。
改めて見てみると、2年目のおんぱくは若々しくて、
何だか、微笑ましくなりました。

過去5年間、そして第6回2019年のパンフレットも並べました。
57504782_1539329562868686_2555802881705902080_n.jpg
57297685_1539329602868682_1510682432003637248_n.jpg
6冊並んだところを見ると、続けて来た感が増しますね。
どの年のパンフレットも充実していて、精一杯作りました。
よくがんばって来たなあと、改めて思います。

それと並行して、毎年春に静岡リビング新聞社が発行している
「藤枝生活ガイドブック」でも「藤枝おんぱく」の紹介をして来たので、
そのページも並べてみました。
57398635_1539329789535330_2683579730719932416_n.jpg
最初の2年は、全プログラムをジャンルごとにリストアップしてましたが、
3年目からは、書ききれなくなりました。
それと同時に、県内外の他の市町村でも
「おんぱく」手法のイベントを希望するようになり、
藤枝もそのサポートをする機会が増えました。
57503278_1539329806201995_7260365085418192896_n.jpg
なので、この2年間ではその広がりを紹介しています。
さらに、2018年と2019年は、こちら。
57431197_1539329916201984_7951740028483272704_n.jpg
この2年では、実際に行われたプログラムのいくつかを
ピックアップしてご紹介しました。

こちらは、第三回と第四回の「天下一闘茶会」のポスター。
2017年と2018年のものです。
57338826_1539329626202013_7710161518381236224_n.jpg
この茶商たちがポスターでが顔出しするようになったのは、
2016年に行われた「石上亮」さんのプログラム
「石上亮と茶町散策ツアー」の中で作った、
こちらのチラシがきっかけです。
m_E8A1A8EFBC92-1de00.jpg
E8A38FEFBC92-10e0b.jpg
その年の「天下一闘茶会」の紹介ページは、こちら。
m_12E88CB6E59586.jpg
この写真だと、茶商さんたちがよくわからない!
というわけで、上のチラシを作るために写真を撮らせてもらいました。
茶商さんたちは「恥ずかしい」とか言って抵抗していたのですが、
撮影を強行して先ほどのチラシ。
茶商さんたちの顔がはっきりして、素敵でしょう?
その後のポスターと比べても、茶商さんたちの意識の変化が見て取れます。
なので、その思い出の品々も展示。
57644660_1539329639535345_6504656892378218496_n.jpg
さらに、茶商さんたちの顔写真を貼った「1煎パック」のセットも生まれました。
ジャニーズグッズみたいだと評判でした。

壁には、「石上亮」さんのコーナーも。
57471790_1539329652868677_5643931783968849920_n.jpg

左の「藤枝十五茶将」は、「石上亮と茶町散策ツアー」の時に、
「徳川十六神将」を真似して作りました。
tokugawa16.jpg
この時「石上亮」さんが初めて闘茶と出会ったと思います。
それが今では、「天下一闘茶会」を盛り上げる「徳川家康公」ですから。

真ん中の「歓迎 石上亮殿」の掛け軸は、
2015年10月に「大旅籠柏屋」の「ギャラリーなまこ壁」で行われた
藤枝おんぱく着物展」の時に、応援に駆けつけてくれた「石上亮」さん
「和食処一祥庵」で歓迎した時のもの。
2015-10-12T22-59-43-5e5df.png

一番右のポスターは、映画「サクラロイド」のもの。
「石上亮」さんも出演していて、藤枝市内でも一部ロケが行われました。
「藤枝おんぱく2014」のプログラムとして、
【No.19】「シネマで遊べる街・フジエダ散歩上映トークツアー」
ロケ地をツアーをした後、「藤枝シネ・プレーゴ」の裏側も見学、
そして映画鑑賞した作品です。
その様子は、こちらで。
その経緯はこちらで。

さらに、今回の展示に協力してくれたのは、ビーズ作家の「山本智世」さん。
「藤枝おんぱく2016」のNo.47「ビーズでつくる藤の花ラリエット」の作品と、
「藤枝おんぱく2019」のNo.60
「ビーズを楽しむ♪ ワイヤーワークで お花のブローチを作ろう!」
の作品見本を預かり、プログラムの紹介させていてだきました。
57486649_1539329676202008_1443989930723246080_n.jpg

和裁士の「杉山さえ子」さんが、着物を着付けてくださいました。
57644641_1539329536202022_4524695763699105792_n.jpg
皆さまのお陰で何とか形になりました。

搬入を手伝ってくださった、「土狸庵先生」(写真右)と、
「村松ゆき」ちゃん(写真左)、そして「石上亮」さん(写真中央)。
この日は、「徳川家康公」として盛り上げてくれました。
57644734_1539329569535352_6237859081638379520_n.jpg

「徳川家康公」が「藤枝おんぱく2019」の開幕を宣言してくれました。
57239089_1539329476202028_1811244973522157568_n.jpg

「藤枝おんぱく」に、いざ出陣じゃ〜! お〜!!

nice!(0) 

nice! 0