So-net無料ブログ作成

2019.0520(月)映画「GREEN BOOK」を観ました。 [映画館へ行こう!]

映画「GREEN BOOK」を観ました。

61083662_1564192650382377_5171179107290972160_n.jpg


この作品は、第91回「アカデミー賞(作品賞・助演男優賞・脚本賞)」
の、3部門を受賞したことで話題でした。
「GREEN BOOK」というのは、黒人旅行者を対象としたガイドブックで、
1936年から1966年まで、ニューヨーク出身のアフリカ系アメリカ人
「ヴィクター・H・グリーン」氏により、毎年作成・出版されていたもの。
このお話は、実話に基づくもので、
マフィアの生き証人として知られる「トニー・バレロンガ」と、
天才ピアニスト「ドン・シャーリー」の知られざる友情を描いた、
実録のロードムービー。
トニーの息子「ニック・バレロンガ」が、
父から何度も聞いていたこの話を、長年温めていて、
その二人が亡くなってから、映画化するチャンスを得たと言います。

黒人への差別意識がまだ色濃い南部への旅は、アクシデントの連続。
そのトラブルを乗り越える度に、お互いへの思いが少しずつ変わる。
そして、たくさんの楽曲が流れる作品です。
昔の話、と思いたいですが、舞台は、1962年。
ぱらぽん、すでに生まれています。
数々出てくる差別用語は、当時は確かにありました。
異質なもの、少数派のもの、
そういうことへの偏見や思い込みがどうなのか?
それをどうやって乗り越えるのか?
という話でもあります。
トニーの妻「ドロレス」が実に、いい。

いろいろなアメリカの街が、音楽が出てきます。
個人的には、ドンとトニーたちが「インディアナ州(ハノーバー)」にも
立ち寄ったことがうれしかったりしました。

公式サイトは、こちら
現在、静岡県内で観られるのは、「藤枝シネ・プレーゴ」だけのようです。
気になる方は、お早めに!
nice!(0) 

nice! 0