So-net無料ブログ作成

2019.0526【藤枝おんぱく2019】No.91「マンホールから町を眺めよう♪」【その2 謎蓋まち歩き】 [鉄蓋探検隊]

2019年5月26日(日)13:00〜【藤枝おんぱく2019】
No.91「藤枝鉄蓋探検隊 マンホールから町を眺めよう♪」
【その2】です。
いよいよ、「謎蓋」を求めて「まち歩き」します。

藤枝駅前、バス停3番乗り場付近です。
26_13.jpg
今回の参加者の方々は、鉄蓋観察初心者の方が多いので、
ところどころで基本情報も織り交ぜていきます。

「駅からマンホール」氏こと「白浜公平」さん(写真左)と、
藤枝市環境水道部下水道課職員の「坂本明法」さん(写真右)。
坂本さんには、いつもいろいろな相談に乗ってもらっています。
この日も、お休みなのに探検隊のプログラムに付き合ってくれました。
26_14.jpg
この蓋の「C.C.B」というのは、
26_15.jpg
「コモン・ケーブル・ボックス」の略で、
最初の「C」は、「コミュニティ」とか「コミュニケーション」
「コンパクト」という解釈もあるとか。
日本語でいうと「電線共同溝」だそうです。

「みちくさ探偵」(写真左)「白浜公平」さん(写真右)
「坂本明法」さん(写真中央後方)、
26_16.jpg
この3人が話しているのを聞いていると、
話がマニアック過ぎて、おもしろいです。
ぱらぽんには、時々遠い目になっちゃいそうですが、
彼らの間では、痒いところに手が届いている感じ。
うれしそうなのを見ているのが、楽しい。

さて、「鉄蓋」鑑賞のポイント!
Q:どのように、写真を撮るのか?
A1:あえてこのように、足先を入れて撮る人もいる。
26_17.jpg
A2:図鑑のように、真上からまん丸に撮りたい人は、
足をこのように位置して、身体をひねって撮る。
26_18.jpg
カメラは広角が望ましい。
モニターで確認できるとなお良い。
A3:大きさがわかるような対象物を入れて撮るのもよい。
26_19.jpg
黄色の丸は、直径5cmの丸のサンプル。
これいいアイディアですね。

さて、いよいよ「謎蓋」を探しますよ!
こちらは、JRをくぐる地下道の入口。
26_20.jpg
さあ、何が待っているか?
26_21.jpg
ワクワクします。
地下道を出たところで、「謎蓋」と遭遇!
26_22.jpg
3箇所がボルトで留めてあって、真ん中に「紙」の文字!
白浜さんに聞いてみても、これ、全国でも珍しいそうです。
他では見たことがないと。
26_23.jpg
この蓋を追って、この辺を「まち歩き」します。

むむむ、こちらは!
26_24.jpg
ボルトが4箇所になっています。

あちこちにある「紙蓋」をたどっていくと…、
26_25.jpg

神社がありました。
26_26.jpg
「紙」じゃなくて「神」ね?

さらに進むと、
26_27.jpg
製紙工場が…!?
そうだ、それで「紙」だ!!

工場の周りをぐるりと廻って、
26_28.jpg
暗渠(あんきょ:川や水路が、道や蓋などで覆われている状態)に
なっているところがあります。

工場の裏手にも、「紙蓋」あります。
26_29.jpg
何だかマニアが集まっています。

これは何だ?
26_30.jpg
このコンクリートのボックスの中から、水が流れる音がします。
ここから流れ始めているのか?

「紙蓋」をたどって駅方面に向かって歩いていくと、
「秋原恭大」さんと遭遇!
26_31.jpg
「藤枝」のまちの歴史にくわしい洋品店「キリンヤ」さんのご主人です。
いつも藤枝のことを、いろいろ教えてくださる重鎮です。
子どもの頃のまちや川の話などしてくれました。
本当は、プログラムにも参加したかったって!
ありがとうございます。

さらに藤枝駅周辺でも、いくつかの「紙蓋」を発見!
26_33.jpg
どうやら、製紙工場の排水が流れている下水の蓋のようです。
どこを通って、どこまでいくのかな?

我々は、JRの踏切を渡って、
61483812_1393557100797249_1232207962395639808_n.jpg
駅北に向かいます。

JR沿いの道です。
61359805_1393557107463915_5637220326338199552_n.jpg
ここで見つけた「謎蓋」は、こちら。
真ん中には「水」の文字。
26_34.jpg
またもや、専門家同士が何やら話しています。
26_35.jpg
白浜さん、「水蓋」を撮影!
さらに「まち歩き」は進みます。
26_36.jpg
なんか、こういう写真を見ると、
26_37.jpg
「水蓋」もまちを見ている感じがしますね。
交差点にも、ありました。
26_38.jpg
「蓋」たちが見て来た、このまちの変遷や歴史のことを、
聴いてみたくなりますね。
(それってちょっと怪しいかな〜?)

約2時間のまち歩きをして、再び「とらや本店」さんに帰ってきました。
皆さま、お疲れ様でした!

特別に、ドリンクを用意してもらいました。
26_41.jpg
各自、自己申告で、ポストにコインを入れます。
おやつは、オーナーさんからの差し入れ!感謝です。

ちょっと落ち着いたところで、本日のまとめを。
26_39.jpg
歩いたルートを確認して、「紙蓋」の下を流れる水は、
どこからどこに向かっているのか、考察しました。

そして、「謎蓋クイズ」を!


Q1:紙の蓋の下の流れ それは何でしょう?
   1紙 2水 3空気

Q2:製紙工場の横の三角のスペースは、なぜ生まれた?

Q3:紙の蓋の数は?
26_40.jpg

Q4:紙の蓋に「紙」以外に書かれていた文字は何でしょう?
26_33.jpg

Q5:神社の鳥居に寄り添う2本の樹、さて何と何だったでしょう?
26_26.jpg

皆さんに答えてもらって、
26_42.jpg
正解率が高かった人から、
26_43.jpg
スタッフからの景品をプレゼントしました!

ここでちょっと休憩をして、いよいよお次は、
「駅からマンホール」氏こと「白浜公平」さんのお話です。
【その3】に続きます。お楽しみに!
nice!(0) 

nice! 0