So-net無料ブログ作成

2019.0602 「そう、くりまるな!」映画「長いお別れ」を観てきました。 [映画館へ行こう!]

2019年6月2日(日)15:35〜 静岡市のシネシティザートにて、
映画「長いお別れ」を観てきました。

スクリーンショット 2019-06-02 21.33.28.jpg

本当は、いち早く、5月31日の初日に観たいと思っていたのですが、
この金・土・日3日間は、4つのプログラムがあるという状態だったので、
それらすべてが無事に終了してから、がんばったご褒美に(?)、
静岡市まで駆けつけた、というわけです。

この作品は、山﨑努さんが扮する「東昇平」(元中学校校長)が、
認知症を発症して、ゆっくり記憶を失っていく7年間を描く作品。
ただ、この作品を認知症を描いた作品、とだけ
決めてしまうのはもったいないです。

夫の転勤で、アメリカで生活している長女「麻里」に竹内結子。
カフェを開く夢も、恋愛にも、思い悩んでいる次女「芙美」に蒼井優。
専業主婦として夫と娘たちを支えてきた母「曜子」に松原千恵子。

家族それぞれ悩みを抱えながら、
父(夫)の出来事に対応する日々、その7年間を描いています。
いろいろなエピソードのひとつひとつに、
かぶるような思い出がよみがえってきたりして、
くすりとしたり、ほろりとしたり、うるうるしてしまいました。
作品の中に出てくる「食」も、見所のひとつです。

何だか、思い通りにいかないなあ、と思っている方に
観ていただきたい作品です。
やさしい気持ちになれると思います。

公式サイトは、こちら
予告編を見て、観たくなっちゃった方は、ぜひ!!
劇場情報は、こちらで。

「藤枝おんぱく2019」の記録記事は、これから順次書いて参ります。
ご協力、ご参加くださった皆さま、ありがとうございました。
nice!(0) 

nice! 0