So-net無料ブログ作成

第78回企画展「漆工芸家関野晃平と伊久美の空」@島田市博物館 [ヒストピア島田]

2019年6月21日(金)島田市博物館の
第78回企画展「漆工芸家関野晃平と伊久美の空」を観に行きました。

61693847_2301551573261775_620040587160059904_n.jpg
島田市ゆかりの漆工芸家「関野晃平」の作品展です。
「関野晃平」は、神奈川県藤沢市出身の漆工芸家で、
人間国宝「黒田辰秋」を師として漆器制作を始めました。
その後独立し、晩年には島田市伊久美の地に居を移し、
亡くなるまで制作を続けたそうです。
(2014年島田市にて没(享年70歳))。

sekino_uras.jpg

生前は、作品を手にした人が生活の中で“使う”ことを望んで制作に励み、
その誠実で品のある仕事は、随筆家「白洲正子」の目にも留まりました。
今回の企画展では、螺鈿や拭漆など様々な技法で作られた作品を展示し、
島田市ゆかりの漆工芸家「関野晃平」とその作品の魅力を紹介しています。
柔らかさと鋭さを併せ持つ独特の漆の世界を、ぜひ、ご覧ください。

学芸員に伺いましたが、そんなすごい方が伊久美にいらしたとは、
地元の方にも、あまり知られてなかったそうです。
ご本人のご希望通り、個人蔵のものは、ずっと使われているのだとか。
塗りのお皿に、梨が盛られているところ、
螺鈿のお重箱におせち料理が詰められているところ、
など想像してみましたが、
自分のお料理を盛るのには、勇気がいりそうでした(笑)

東京のギャラリーなどでは、作品をよく観てもらうように、
余分な説明書きなどは掲げないことが多いのだそうですが、
そこは、地域に根付いた島田市博物館!
漆というものは、どういうものなのか、
その採取方法から、作業工程まで、
パネルや工程見本などで、くわしく説明してあります。
加工をする前の板や、豆鉋など職人の道具たち、
フォルムを導くための治具なども。

その辺にありそうなボール紙に、引かれた線で作られた治具は、
形を導く型紙のようなものですが、私自身、
ものづくりをするときに、よく作ります。
「治具が大事なんだ!」というのは、技術屋だった夫が
よく言っていたことで、
特に同じものを作る可能性があるときは、
改良の可能性も含めて、残します。
残念ながら、「関野晃平」さんは存じあげませんでしたが、
治具の美しいカーブラインや、細かな切り込みなどに、
「関野」さんの姿勢や人柄がにじみ出ているような気がして、
ご本人にお目にかかっているような感じがしました。

展示では、作品だけでなく、晩年「関野」さんが暮らした、
「伊久美」の四季の風景写真もたくさん観られます。
展示することが決まってから、季節ごとに
写真を撮り貯めていらしたのだとか。

どちらかというと、地味な展示ですが、
地元でなくてはできない展示です。
どうぞ、ご覧になってください。

「漆工芸家関野晃平と伊久美の空」
会期:2019年6月1日(土)~7月7日(日)
時間:9:00~17:00(最終入館16:30)
会場:博物館本館特別展示室
公式サイトは、こちら
nice!(0) 

nice! 0