So-net無料ブログ作成

2019.0727(土)「本橋テープ株式会社」に見学に行きました。 [勝手に応援団]

2019年7月27日(土)吉田町の「本橋テープ株式会社」の
「伝 at 本橋テープ」に行ってきました。
このイベントは、先日Facebookで紹介されていたもので、
「本橋テープ」さんのブログで、紹介されていました。

67329895_1620658698069105_5463622210704900096_n.jpg

実は、ぱらぽん、この会社のとあるテープの大ファンで、
工場見学ができるとのことだったので、電話で申し込みました。

行ってみてわかったことですが、このイベントは、
「伝実行委員会」が主催する「伝」という名前のイベントで、
 子どもたちが、地域にある仕事と出会い、
 「はたらくって、カッコいい」と伝えていこう
というもの。
くわしくは、こちらで。

65520165_844386305945124_5788496427487330304_n.jpg
参加企業は21社あったようです。
65789782_844385999278488_7939471767934861312_n.jpg
各社選りすぐりのワークショップが用意されていたようです。

こちらが、「本橋テープ株式会社」。
27_01.jpg

ぱらぽんが申し込んでおいたのは、こちら。
27_03.jpg
「体験型工場見学」10:00〜の部。
テープ工場まで送迎してもらって、
細幅の織物が作られる現場を見学します。

工場に到着!わくわく!!
27_05.jpg
撮影&ブログ掲載許可をいただいたので、
ブログレポートさせていただきます。
一緒に回ったのは、女子中学生4人のグループと
ご夫妻ひと組とぱらぽんです。
27_06.jpg

まずは、「テープ(細幅織物)ってナニ?」
幅130mm以下の綿糸、麻糸、絹糸、合成繊維等の糸を使って
作った織物のことを「細幅織物」というそうです。
基本的な3つの織り方「三原組織」は、こちら。
27_07.jpg
「平織(ひらおり)」と「綾織(あやおり)」と「朱子織(しゅすおり)」

その素材は…? 綿や麻などもありますが、
27_08.jpg
こちらの会社では、
ポリプロピレン(PP)、ナイロン(N)、エステルウーリー(EW)
などが代表的な糸だそうです。

織るための前段階の、糸を準備する機械は、
27_09.jpg
複数の糸を撚り合わせて、1本にする機械「撚糸機(ねんしき)」と
大きな糸巻きから小さな糸巻きに小分けする機械「ワインダー機」

テープを織る機械は、
27_10.jpg
縦糸を繰り出す「クリル」と、
その緩み引き具合を調整する「中間機」、
テープを織る「織機(しょっき)」

テープを仕上げる機械は、「仕上げ機」
27_11.jpg
円盤状に巻いて、仕上げた状態を反物と呼ぶそうです。
数え方の単位は「反(たん)」。
「本橋テープ」では、3工場合わせて、
1日に70000mくらい生産しているそうです。

さあ、いよいよ、工場の現場を見学します!
27_12.jpg
まずは、「撚糸」の機械です。
27_13.jpg
この赤い糸を青い糸を、撚り合せると…、
27_14.jpg
左のようになります。

続いて、「ワインダー機」
27_15.jpg
スタッフさんが手に持っているのが仕入れた糸です。
それを下に置いてあるような小さいサイズの紙管に巻き直す、
その作業をするのが、「ワインダー機」です。

こちらが自動で行われるタイプ、イタリア製の機械だそうです。
27_17.jpg
下に置かれた糸が、上の紙管に巻かれて行きます。
27_18.jpg
何メートル巻くか入力してあるので、
巻き終わると、自動でカットされ、機械の向こう側に落ちます。
27_19.jpg
次には、機械の上にセットされている紙管が降りてきて、
次のロットを巻くということらしいです。すごい!

さあ、ここから、私たちの体験が準備されています。
27_16.jpg
好きな色の糸を選んで、と言われました。

こちらの機械は日本製で、スタッフの方がオペレーションするもの。
27_20.jpg
機械に残っている前の糸端と、一人一人選んだ色の糸をつなぎます。
巻きつける用の紙管をセットして、
27_21.jpg
スイッチ「ON」しましょう!
27_22.jpg
巻かれ始めました!
27_23.jpg
これを持って次の工程に行きます。

ここでは、糸の結び方をマスターします。
27_24.jpg
赤い糸と、各自選んだ糸を結びます。
スタッフの方が結び方を教えてくれました。
27_34.jpg
結ばれた状態です。
27_37.jpg
ここで、みんなそれぞれに自分の糸を結んでみました。

こちらが「クリル」。
27_25.jpg
たくさん並んだ糸巻き1本1本が縦糸になります。
27_26.jpg
スタッフの方が、解説してくれています。
そこから引き出された糸が、次の「中間機」を通って、
27_27.jpg
「織機」につながって行きます。
27_28.jpg
白い帯状の部分が、縦糸の集合体です。
27_29.jpg
「織機」です。
27_30.jpg
横糸が渡って織られて行きます。
27_31.jpg
織られたテープです。
27_32.jpg

27_36.jpg
見学者それぞれの糸がセットされました。
27_33.jpg
ぱらぽんが結んだのは、黒い糸。
27_35.jpg

近い位置の糸からだんだん織られていくようです。
27_38.jpg

おっ、黒い糸のステッチが始まりました。
27_39.jpg
次は、黄色!
27_40.jpg
どんどん進んで、
27_41.jpg
7色の糸が並びました。
27_42.jpg
どういう仕組みになっているのか?
ちょっとわかったような気がします。

これを1色で織ると、こうなります。
27_43.jpg
赤い糸で織られたテープを「仕上げ機」で巻き取ります。
左手でテープに異常がないかどうかチェックしながら、巻き取ります。
27_44.jpg
きっちり巻けました。
27_45.jpg

最後には、糸結び競争をしたり、見学会参加賞のくじを引いたり、
アンケートを書いたりして、工場見学は終了です。
ありがとうございました。
また車で送ってもらって、本社に戻りました。

今度は、「テープミュージアム」に参加しました。
27_46.jpg

最初は、「蓄光糸」と「反射糸」を使ったテープのお話。
27_46_2.jpg
光を蓄積し発光するテープと、反射する糸を使って光るテープ。
68322605_1623573337777641_9159552774206128128_n.jpg
縦糸に使われているようです。

暗室がわりになるエレベータールームで、実験です。
27_49.jpg
このテープが暗くなると、
27_50.jpg
このように発行します。
27_51.jpg
蓄光の実験。ちょっとピンボケでした。

次は、ぱらぽんのお気に入り。
27_55.jpg
「タフフック」という商品です。
その強さを見せる実験です。
27_52.jpg
一つのフックで、どこまで吊るせるか?
この商品の耐久性について、いつかぱらぽんが語りたいと思います!!

続いて商品のご紹介。
27_53.jpg
「本橋テープ」で作られているテープを使った、
商品、身近なテープのご紹介です。
27_54.jpg

最後は、「テープで機織り」
27_56.jpg
27_57.jpg
27_58.jpg
27_61.jpg
たて糸もよこ糸もテープを使って、
27_59.jpg
このような商品ができます。
27_60.jpg

「本橋テープ」で作っているテープの数々。
27_04.jpg

お買い得なワゴンサービスがあったので、
いろいろなテープを買っちゃいました!
次回、通常の営業日にお邪魔して、
あのテープを見せてもらいたいと思います。

「本橋テープ」の皆様、「伝」の見学会を
ありがとうございました。
他の会社にも行きたかったですが、時々すごい雨が降ったりしてたので、
今回は、「本橋テープ」さんだけにしました。
来年は、計画的にいろいろ回りたいですね〜。
皆さま、お疲れ様でした。
nice!(0) 

nice! 0